スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【麻雀】切り順からの手牌読み

さて今回は戦術論です(*´ー`*)
うまく文章にできるか不安なとこですがいってみましょう!

実はこのテーマはリクエストもらった内容です。
戴いた内容が↓
「相手の変な(?)切り順からの読み についてです。
変な切り順だから対子落としの可能性が~  とかの話を聞いてもあまり理解できないんですよね。
メンツ落としとか逆切りとかに違和感は感じても、そっからの形とかは全く分からない。」
 ほぼ原文のまま
こんな感じでした。この打ち手さんとは何回か検討したりしてるので、そういった場面で出た疑問なんだと思います。

さっそく内容に移ります( ´∀`)
読み分野を扱う上で毎回書いているような気がする前提事項から
・相手がある程度正しい手順、牌理を理解して打つ雀力があること
・手出しツモ切りをある程度把握すること
・読みを過信しないこと(牌の安全度の比較程度とか待ちになりにくい牌を推察する程度)


とはいえ今回のテーマだと実はけっこう考えること多いので、少し牌画を交えながら考察していきましょう。

東1親の捨て牌↓ ※全部手出し
南:麻雀王国北:麻雀王国一萬:麻雀王国四筒:麻雀王国東:麻雀王国九筒:麻雀王国

こっから何がわかるでしょうか(´・ω・`)?
間4軒の58pがやばい?どうなんでしょう?
少し私の実戦の思考を書いてみます。
・4p早いからピンズの下持ってないかな~
・4p→東の後、9pかー。この後のピンズ手出しは見てないとな~。58pやばくなるかなー
実際こんなもんです(・・;)別にそこまで対して考えてないです。

じゃあこうだと↓
南:麻雀王国北:麻雀王国一萬:麻雀王国四筒:麻雀王国東:麻雀王国九筒横:麻雀王国

9p宣言牌のリーチ。こうだとどうでしょう?
現物あればもちろん現物打つところですが・・・
少しピンズの安全度を考えてみましょう↓
一筒:麻雀王国:筋。安全そう。生牌の役牌打つくらいなら間違いなくこれ打ちそうです。
二筒:麻雀王国:4pが早いから安全そう(手順から東:麻雀王国九筒:麻雀王国の方が四筒:麻雀王国よりも大事だったと。つまり二筒:麻雀王国が当たるケース、手牌に三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国があることが少ない。一筒:麻雀王国三筒:麻雀王国持ちのカン2pも普通は一筒:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国とあったら一筒:麻雀王国を切るのでなんないですよね)
三筒:麻雀王国:上の3pとほぼ同じ扱いだけど、四筒:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒赤:麻雀王国のときに四筒:麻雀王国先切りのケースはそこそこあるのでこれは考慮したい
四筒:麻雀王国:現物
五筒:麻雀王国:危険。なんだかんだ四筒:麻雀王国早いので怖いですよね
六筒:麻雀王国:これは3pとほぼ同じ。四筒:麻雀王国切りあるからカンチャンは少し考えにくい。
七筒:麻雀王国:筋だけどそこそこ危険そう。四筒:麻雀王国いらなくて九筒:麻雀王国は必要なパターン、八筒:麻雀王国九筒:麻雀王国九筒:麻雀王国とか七筒:麻雀王国七筒:麻雀王国九筒:麻雀王国からの九筒:麻雀王国切りリーチで待ちになるケースがありますよね。
八筒:麻雀王国:5pと似てるけど、こっちは更に八筒:麻雀王国八筒:麻雀王国九筒:麻雀王国七筒:麻雀王国九筒:麻雀王国九筒:麻雀王国からの九筒:麻雀王国切りリーチで待ちになるケースもある。
九筒:麻雀王国:現物

読もうと思えばこんな感じですかね(´・ω・`)つかれた。。
実戦だと正直いちいちここまで考えてないです。考えるのは、どうしても2pか3pを切りたいときや、他に切るものがなくなった時です。

で実際これがかなり信用できる読みかというとそうでもないです。
特に78pの危険度なんかは9pが必要だったこと前提になってますが、普通に9pが安全牌で残してるケースや889pから8pが雀頭になったケース(待ちは普通に他の色)みたいなことも多いです。
つまりどういう時に使えるかというと、切るものに困った時、どうしても選択しなきゃいけない時の比較の際くらいです。

さて基本的な考え方書いたところで少しいろんなケースを見ていきます↓

「5の後に1や2(8や9)が切られる」
南:麻雀王国北:麻雀王国一萬:麻雀王国五索:麻雀王国東:麻雀王国中:麻雀王国
一筒:麻雀王国二索:麻雀王国
こんな感じの捨て牌。五索:麻雀王国のあとに二索:麻雀王国が切られてますね。つまり5sよりも2sが必要な手牌だったと。
二索:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国から一索:麻雀王国一索:麻雀王国二索:麻雀王国からとか、一索:麻雀王国一索:麻雀王国一索:麻雀王国二索:麻雀王国になったとかいろいろありますね。ちなみに2sが宣言牌だとなかなか14sは切れないですよね。もちろん雀頭変化、暗刻になった、とかもありうるけど単純に両面残るケースも普通に多いですね。
ちなみに一索:麻雀王国が切られる場合は対子落としやペンチャン落とし、2sが対子(暗刻)になったとか考えれますね。
このへんは基本で大丈夫だと思うのでざっくりと。

「愚形ターツ落としの切り順」
南:麻雀王国北:麻雀王国一萬:麻雀王国九筒:麻雀王国八索:麻雀王国六索:麻雀王国
こんな八索:麻雀王国六索:麻雀王国落としですね。カンチャンターツ落とし。まあ普通の切り順ってやつですね。特に赤あり麻雀だと赤が使えるようにこう落としていくのが基本です。これから読めることはあんまないですw
愚形嫌ったから、良形残ってることが多いかなーくらい。
7sが安全?いやいや。八索:麻雀王国六索:麻雀王国六索:麻雀王国五索:麻雀王国から八索:麻雀王国六索:麻雀王国打って47s待ちが普通にありますよね?とはいえ他の無筋よりは安全?どうなんでしょうね?まだここだけだと判断難しいです。立直されたら手牌と相談して考えましょう(´・ω・`)

南:麻雀王国北:麻雀王国一萬:麻雀王国九筒:麻雀王国六索:麻雀王国八索:麻雀王国
こんどは六索:麻雀王国八索:麻雀王国の切り順のパターンです。いわゆる内側から切られてるので逆切りの時ですね。
これは六索:麻雀王国八索:麻雀王国よりもいらないということで、ソウズの下で良形ターツがそこそこ予想できますね。
普通は6sを後に切って良形ターツを作ろうと思うからですね。
特に赤受け入れも多少考慮するとして、三索:麻雀王国四索:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国あたりがあるかなーと想定します。もちろん他の色で良形ターツが十分で切られたケースもありますよ。読みなんてそんなもんです。多少注意したいのが、逆切りひっかけのパターン。
五索赤:麻雀王国六索:麻雀王国六索:麻雀王国八索:麻雀王国この形なら先に6s切って赤固定、のちに8s切りって普通にありますよね?赤に限らずドラターツとかでよく見る手順です。これに限らずあえて逆切るすることで多少待ちをぼかしたり、しぼりにくくすることは技術として普通にありえるので読みの過信は危険です。逆切りとまでは言わなくても124からあえて序盤で4をきって出和了率を高めるなんてこともありえます。

南:麻雀王国北:麻雀王国一索:麻雀王国二萬:麻雀王国六索:麻雀王国八索:麻雀王国
少し応用問題。これは②と同じ六索:麻雀王国八索:麻雀王国切りがあって、さらに一索:麻雀王国が切れているパターン。こうなると、二索:麻雀王国三索:麻雀王国とあることもないのでそこそこソウズの牌姿は絞れてきますね。
実戦だとこんな感じで単純なターツ落としだけでなく、既に切られている牌との組み合わせで手牌を考えていく想像していくことになります。とはいえ他の色で十分な形になっていることもあるから過信はよくない(*´ー`*)

「両面ターツ落とし」
南:麻雀王国北:麻雀王国一萬:麻雀王国九筒:麻雀王国二筒:麻雀王国東:麻雀王国
八索:麻雀王国九索:麻雀王国西:麻雀王国四萬:麻雀王国三萬:麻雀王国
こんな捨て牌ですね。四萬:麻雀王国三萬:麻雀王国が両面ターツ落とし。まあこれもおそらく大丈夫でしょう。
三萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国四萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国の二度受けや三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五筒赤:麻雀王国六筒:麻雀王国などのターツ比較で切られることが多いです。もちろん変則手や染め手の場合もあるので他の捨て牌にもよりますね。

「対子落とし」
南:麻雀王国北:麻雀王国一萬:麻雀王国東:麻雀王国八索:麻雀王国八筒:麻雀王国
三索:麻雀王国發:麻雀王国六萬:麻雀王国九筒:麻雀王国九筒:麻雀王国
こういうのですね。九筒:麻雀王国が対子落としになってます。ここで対子落としから読めること自体はそんなにないです。
チートイはないかなーとかまわってるのかなーくらいです。大事なのは1枚目の9pに違和感を感じることでこの9pは対子落としや安全牌として持ってた、もしくは七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国九筒:麻雀王国六筒:麻雀王国を引いてのスライドとかですね。
少し漏れたのでここで触れますが、後から外側の牌が出てくること自体が基本的には違和感の対象になりますね。
四筒:麻雀王国が序盤に切られていて、二筒:麻雀王国もしくは三筒:麻雀王国が出てくるのは、ペンチャン払い、雀頭固定などもありますが、出来メンツに五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国を引いてのスライドなんてこともあります。
どれだけ読みを過信してはいけないかわかりますね(´・_・`)

基本的にはこんなとこでしょうか(´∀`*)
ざっくりと分けるとこんな感じになると思います。
実戦ではこれ以上に河の情報が多かったり、副露時に鳴いていない牌などからかなり牌姿が読めてくるケースも少なくはないとは思います( ´∀`)

まあ要は可能性の問題で、
南:麻雀王国東:麻雀王国三筒:麻雀王国九萬:麻雀王国八萬:麻雀王国七筒横:麻雀王国
こういうリーチに二筒:麻雀王国八筒:麻雀王国どっちか当たらないほう選ぶならどっちですか?ってときに使うのが読みです。
基本的な考え方やパターンは上記に示した通りで、連続系・複合系なども入ってくると読みはより困難になります。

「読みの向上のために」
最後にどうやって身につければいいのってとこにアプローチしてみます。
いろいろ書いて今更ですが、自分で考えていかないと身につかないと思います。
いいと思う勉強法は、
①普通に打ちながら相手のおかしな切り順や捨て牌に興味を持つ
②牌譜を見て、相手の牌姿を見る前に自分でいろいろ想定してみる
③答え合わせ
これの繰り返しですね。

これは自分もいまだに繰り返していることですが、おそらく身に付くと思います。
読みのケースはかなり多いと思うのでひたすら蓄積していく感じです( ・`д・´)

読みに限らず、興味を持つのは上達には欠かせないものだと思うのでお互いに切磋琢磨していきたいものですね( ´∀`)
スポンサーサイト

【麻雀】河読み

ぼちぼち1200戦ですが、先にブログにリクエスト戴いたのでそちらを考察していこうと思います( ´∀`)
もともと戴いた質問はドラの所在がわかるのはどんな時か?的な質問でした。
今回はちょっとその辺の内容も絡めて「河読み」について考察していきます(´ー`*)

その前に副露判断についても質問いただいたのですが、こっちは内容が難しくなりそうなので少し時間をいただいてからまとめようと思います、少々お待ちください(*´ー`*)
こういう質問はいつでも大歓迎なのでなんでも些細なことでも気軽に言ってみてください( ^∀^)
今回は質問からの河読みってことで、基本は知ってる人も多いと思うのですがいざ河読みについて調べてみると実はそこまで詳しく考察してるサイトはパッとは見つけれませんでした。
これは結構びっくりだし、意外と中級以降の基本に関しては記述自体も少ないのかもしれません。
しっかり答えれるかどうかは別として、解決の助けになるような内容にはできるかと思うので頑張りますw

前置きが長くなりましたが今回の内容の「河読み」にうつります。
まず最初に大事な前提として
・相手がある程度正しい手順で打つこと
・手出しツモ切りについてある程度把握できていること

この2つが成立して戦術としては有効になります。
ここである程度という但し書きがついてるのは、以前の鳴き読みなどと比べてそもそも読みの精度は要求されない範囲だからになります。鳴き読みに関しては実際の危険牌を理屈で絞り出していく感じですが、今回の河読みは相手の方向性やキー牌などを読むといった形になるのでそこまで精度は重要じゃなくなります。

じゃあ文章だけではしんどいと思うので実際に河読みしていきます↓
東1-0本場 ドラ三索 自分は南家で以下は全て西家の捨て牌とします

※便宜的にここではすべて手出しとして考えてください。

だいたいどんな方向性もしくはわかることなど考えてみてください。

東南發西一萬八筒九筒二索

六萬四萬七萬六筒八筒二萬二筒五萬

南北發一筒西四索八筒二萬

東北西一筒五萬八筒二筒九萬

一萬白八筒西二索七索七萬北

とりあえずこんなとこにしておきます。
簡単に僕が考えることを箇条書きであげていきます。

東南發西一萬八筒九筒二索
・典型的なタンピン系の捨て牌ですね、基本です。ペンチャン外しがあるのでそろそろリーチくるかもです。
・序盤の役牌の扱いでどういう打ち手なのかや方針がなんとなくわかったりします、この河でいえばダブ東から切っているので結構やる気がある手牌構成とかデジタル寄りの思考かなとかですね。

六萬四萬七萬六筒八筒二萬二筒五萬

・これもある意味基本です。染め手か国士、もしくはチートイとかですね。
五萬が遅いのでもしかしたらチートイもあるかもですが、まあこの後字牌が出てくるかソウズが出てくるかするまで無視しましょう。

南北發一筒西四索八筒二萬
・これもまあ普通の河です。
ですが着目するべきは四索切りですね。これがドラ対子以上と読む根拠にはなりえますが、まだ不鮮明です。
三索三索三索四索からや三索四索四索のドラ&両面固定なんかも十分ありえます。

東北西一筒五萬八筒二筒九萬
・これもそんなに特徴のない河です。
ですが、ここでは五萬九萬に注目してほしいと思います。序盤の5で14,69が読み筋に入るのはお分かりだと思いますが、今回はその簡単な応用になります。考えればわかることですが、5を切った後に1や9が出た場合は直後に関連牌が切られるケースが多いです。1289あたりですね。逆に切られなければ対子以上になったと考えることも必要です。

一萬白八筒西二索七索七萬北
・最後もまあ普通の河です。
これで注目してほしいのは北です。中張牌がそこそこ切れた後の字牌は注目したほうがいいです。特に安全牌とかであれば安全度のより高い牌への入れ替えや字牌の対子落とし、聴牌打牌などが考えれます。

実はここまでの内容って結構基本的なとこなので知ってる人も多いと思います。
ですが、意外と他のサイト等でこういう内容はそんなにないので書いておきました。
これだけだとうっすいので今回はもう少し突っ込んだ内容にしていきます(´∀`*)

牌姿を出す前にそもそも上で8巡目までの捨て牌しか表示しなかったのかはちょっとした理由があります。
河読みの場合は中盤以降の手出し牌から読むこともありますが、その内容は手牌構成を読むこと(厳密にいえば同じですがw)になるので、今回は序盤の河から相手の方向性を読むことに重きを置いていきます。
もう一つ重要な要素は平均して9巡目にはだれかが聴牌しています。被リーチなども考慮して素直に河を読めるのはだいたい8巡目くらいまでと思っておいた方がいいかも知れません(´・ω・`)

では実際の牌姿から河を読んでみましょう↓
河読み1
※明るくなっている牌は手出しです

親から順番に考えてみます。
<親>※七筒ポンで打四索
いかにもタンヤオぽい捨て牌です、東が第1打なのでそこそこ手牌が整っていると思っていいでしょう。
ただドラが北で、赤が3枚見えているので仮に四索が聴牌打牌と思ってもMAX2900なのでこちらも聴牌なら押しましょう(´∀`*)
發暗刻もありえなくはないけど、この河でそこまで考えたらもはや四暗刻単騎とかも警戒するような話なのでそういうのは事故と思いましょう( ̄ー ̄)

<西>※四筒チーは6巡目でチー後に打七萬
タンヤオぽいけど、ちょっと微妙なラインです。
一番違和感を持つべきなのはこの八筒打ちです。いまちょうど七筒ポンが入ったのも含めてタンヤオであれば違和感ありまくりですw
次の手出し次第で、いろいろ考えれます。
手出し八筒→?? よさそうな対子を嫌う意味もちょっとわかんないのでおりたか回ったとみていいです。
手出し九筒→どうやらタンヤオではないです。發バックや暗刻メインで、頭の片隅で染めてや一通なども考えれるといいです。
関連牌が手出しされない→ただの浮牌か八筒八筒八筒からの聴牌打牌が考えれます。ただの浮牌だとすると七萬のほうがよさそうなのでもし押してくるのであれば聴牌かなーと、
重要なのは八筒がおかしいと思えるかと、その後の手出し牌をしっかり追えるかどうかです( ´∀`)

<北>※前巡に二索ポンで打七筒
ホンイツに移行してるような気もしますが断定できません。
この七筒打以降の手出しがかなり重要になります。
手出しで字牌→ほぼホンイツ移行とみていいでしょう
手出しで七筒の関連牌→これもまあホンイツ移行で大丈夫、字牌出てくるよりは遅そうです。ただそうとう手牌が整っている場合ありうるのでドラ暗刻も警戒します
手出しでマンズ→ちょっとわかりませんが、だいたいホンイツ移行、そうとう手牌が整っている場合ありうるのでドラ暗刻も警戒します
手出しでソウズ→これが一番厄介です。ホンイツ移行もドラ暗刻も全部ありうるので警戒です。頭の片隅にブラフも考慮(; ・`д・´)

答え合わせ↓
河読み2

だいたい合ってます( ^∀^)その後の手出しでかなり絞れてきそうです(^-^)
実戦ではこんな感じで内容としてはかなり鳴き読みと被ってきます。
そもそも「読み」というのが、河や手順から手牌を想像することなのでわざわざ分ける必要もないんですが(;´Д`)
実戦ではこれに含めて点数状況も絡むし、打ちなれている相手であれば人読みも判断材料にはなります。

冒頭の質問の戻ります。もともとの質問は「他家にドラが固まっていそうなときは?」というものだったんですが、結論から言えば正確に読むのはほぼ不可能です。特にドラが中張牌の場合はかなりの数のケースが存在するので非常に難しいです。
ただごく稀に河読みや人読み、鳴き読みからそこそこの制度で読めることもあるのは事実です。
大事な前提なんですが、「読み」の技術っていうのは押し引きの判断材料の1つであって手牌構成によっては全く読みを必要ない場面も多く、逆にしっかり読めていても手牌が整わずにただおりることも多いです。
ただおりているときに結果的にドラ暗刻の手の当たり牌を打たなかったとしてもそれは読めた結果ではなく、押し引きの精度の問題なんですね。厳密に言えば読みの技術も押し引きの精度にかかわるので同じですが、やっぱり読みは不確定な部分が多い技術なので押し引きにおける要素としてはそんなに強くはなりえません。
もちろんは読みは不要だ!って話ではないですw逆に差がつかなくなるレベルになればなるほど、他の差をつけやすい(と思う)読みの技術は大事になるとも思います(´ー`*)
ただ先述したとおり他家の実力に依存してしまう点や多くの打ち手相手であれば単純な牌効率や状況による押し引きのみでもいい成績を残せるのが麻雀なので、読みの技術の習得はそういった牌効率や押し引きに学んだあとの最後のステップなんだろうなーと思います(*´ー`*)

今回はすごく話が長くなりましたがこれでおしまいですw
次回は1200戦の成績公開そののちに副露判断②を予定してます。

【麻雀】鳴き読み

最近段位戦再開しました。
いま確変中ぽいので今月中には対局数1100の成績を公開できるかと思います(´∀`*)

さて今回はタイトル通り鳴きに対する読みのお話です。

まず大前提として
鳴きが入ったら手出しツモ切りを把握する
他家の捨て牌から何を鳴いてないか、何が通っているか把握する


この2つができていないと精度がかなり悪くなるので上記の2つは出来る様にすることを勧めます(´ー`*)
面前であればとても重要ってわけではないですが、
鳴きの場合は入り目がわかるケースも多いので手出しツモ切りの把握は重要な技術になります。

じゃあさっそく実戦譜から↓
鳴きよみ2-1

下家が發ポンの数巡後に白の手出し
この時点ではまだ待ちを完全に推測は出来ませんが、この白自体は1枚切れなので、安全牌として持っていたか中を持っていて三元役を狙っていたか、もしくはその両方かくらい考えれます。
ここで重要なのは
「河がけっこう派手」「安全牌ぽい牌が出てきた」 この2つです( ´∀`)
まあ普通に考えれば聴牌か好形のイーシャンテンと読めます。

数巡後↓
鳴き読み2-2@

下家は白切り以降はすべてツモ切りになっています。
他家がかなり押しているのでヒントが多いです。下家は何待ちでしょう?




答え↓↓
鳴きよみ2 結果

正解は二萬五萬待ちでした。
このくらいが鳴き読みの基本になります。これは二萬五萬一点で止められても不思議じゃない感じです。
実は僕はこのあがった下家なんですが、他家があまりに押してくるので焦りました(´∀`*)w

続いてちょっと応用編↓
鳴きよみ1-1

今度は自分が親番で下家に中バックの仕掛けをされ数巡後にドラ西を打たれた場面になります。

さすがにドラなので聴牌かイーシャンテンくらいかなー( ´・_・`)
ヒントが少ないので、マンズの上の待ちはなさそう、ソウズかピンズの良形かなー、くらいの認識です。
親でいちおうリャンシャンテンなので少しは押したい場面

とりあえず先に結果を↓
鳴きよみ1 結果

1打1打解説します。
七筒切り:四筒六筒八筒から四筒先切りは考えにくいのと九筒が先に切れているのでペンチャンも否定できる
九索切り:八索のうっすい2枚壁w上家がドラを打ってくれたので、ささって高くても3900くらいだろってことで。
一索じゃないのは一索がよさそうなので重なりを見てます(´∀`*)
一萬切り:これも三萬の壁で。今回はワンチャンス。
終盤のワンチャンスはあんまり当てになんないけど、打点がそんなになさそうなので行きやすい( ̄ー ̄)
八索切り:これは安全度ならおそらく一索のほうが高いけど、他家も仕掛けた状況で後々困りたくないので、さきにワンチャンスの八索から打ちました。ちなみに前巡から形テンに向かってます(´Д`)

結果は対面の放銃。まあ聴牌ならしょうがないよね。

ここで大事なのは、下家の仕掛けを程よく尊重すること。
親番なのでベタオリは引きすぎ、かといって聴牌っぽい相手に根拠のない無筋を打つのは押しすぎ。
僕はだいたいいつもこのくらいのバランスです(´ー`*)

次に鳴き読みで重要で簡単な読みの技術の解説↓
鳴き読みサンプル

上記の手牌はいわゆる完全イーシャンテンってやつですが注目してほしいのは
七索ポンをした場合に出る牌です。上であれば五萬が切られることになります。
これはけっこう代表的な鳴き読みでポンの直後の手出し牌の周りが雀頭になるってやつです。
連続系とかの場合もあるので完全に待ちを絞ることは難しいけど、けっこう重要な技術です。
逆にチーであれば、一筒四筒チーで六萬切りの四萬七萬待ちでわかりやすい跨ぎ待ちになります。これは基本中の基本です。
この点についていい牌譜がなかったのでここで補足させていただきます( ^∀^)


最後に鳴き読みを利用した仕掛け↓
鳴きよみ3-1

オーラスでダントツのトップ目。まあおとなしくしてれば連帯はかたそうだし、トップも大丈夫そう。
別に何もしなくてもいいですが、鳴いてみました( ̄ー ̄)いわゆる暇ポン
天鳳ならではですが、みんなラス回避に必死なので、現状の2着目と3着目はアシストしてくれるだろーなーという仕掛けです(´▽`)

数巡後↓
鳴きよみ3-2

南とか中とかアシストしてくれてるけど、それじゃない白だ(;´Д`)
このへんで仕掛けたことを後悔しながら親への安全牌増えないかなーとかなり控えめです。
もちろん白は親のリーチ宣言牌とかではなければ鳴きますが。

結果↓
鳴きよみ3-3

親にだけはささるなーって祈りながら打ってたらしびれを切らした下家が仕掛けてあがって終了(*´ー`*)スミマセン
牌譜見返してみたら親がしっかり白を抑えてて少しは効果あったかなって感じでした( ^∀^)
この仕掛け自体はちょっと微妙ですが、相手の読みを利用した仕掛けっっていうのも有効だったりします。

今回はこれでおしまいです。
読みの技術自体はいろいろありますが、
鳴き読みに関してはかなり精度を上げられるので上達には必要不可欠な技術だと思ってます(´∀`*)

【麻雀】読みのススメ 

今回は前回のデジタル的な視点から一転して「読み」のお話です( ^∀^)

ですが僕自身はすごくデジタルな部分と思って「読み」を活用しています。

ではさっそく実戦譜から見ていきます↓
日記用 読みのススメ1

東2局 親番 上家が東をポンしたとこです。
※河の色付きは手出し牌、暗くなっている牌はツモ切りです(念のため)

ここで河から判断可能なこと
・ピンズはほぼ大丈夫、全部通りそう
・萬子はたぶん大丈夫、一萬四萬ちょっと警戒くらいかなー、大丈夫だろうけど
・ソウズやばそう、テンパイか悪くても良形のイーシャンテン

一つ一つ解説します
「ピンズはほぼ大丈夫」
まあ見た目からほぼピンズの受けはなさそうです。あまり問題ないと思います。
いちおう四筒四筒五筒五筒からの仕掛けも考えれますが、それだと二萬三萬を切っている理由がちょっと微妙なのでないでしょう。場況から二萬三萬の方がよさそうなので。じゃあ四筒五筒赤ならどうよ?ってなりますが、天鳳では副露時にターツが同じ場合は自動で赤が優先して選択されるはずなのでこれもありません。

「萬子はたぶん大丈夫、一萬四萬警戒くらいかなー」
・萬子の最大のヒントは二萬三萬の手出しと六萬のツモ切りです。まず二萬三萬の手出し、これで手牌のターツ候補が余っていたことがわかります。そして東のポン。ターツオーバーで仕掛けがきく形(ここでは正確には仕掛けなければいけない形)であれば基本的には未完成ターツの部分は厚く持つはずということです。つまりこの手牌でいえば5順目に二萬三萬五萬六萬六萬とか二萬三萬六萬六萬七萬なら六萬じゃなくて二萬三萬を切るはずっていう話です。
なので萬子は六萬周りは大丈夫そう、唯一二萬二萬三萬三萬から2度受けを嫌った形もあるけど、それなら1枚切れの三萬から切るだろうっていうのと、自分の手牌で二萬三萬四萬と使っていてワンチャンスにあたるから大丈夫そう。

「ソウズやばそう、テンパイか悪くても良形のイーシャンテン」
ここまで読んでもらえればもうお分かりかと思いますが、ソウズがそうとうやばそうです。萬子もピンズも否定されればそりゃそうです(;゚Д゚)しかもリャンメンターツ払ってるので良形っぽいです。そして二萬三萬よりもよさそうなターツはドラ絡みくらしか考えれません。

いったん答え合わせします↓
日記用 読みのススメ2

すごく納得のいく牌姿です。待ちもよさそうな完全イーシャンテンです。

次巡↓
日記用 読みのススメ3

二索が手出しされました(;゚Д゚) 
※ダイヤモンドチーですが鳴きオフ消し忘れで鳴けないっていうぬるぬるなことしてます(つд⊂)


この手出しからわかること
・これはさすがにテンパイでおそらく三索が雀頭かアンコもしくは二索四索六索からの二索切り、あとはレアケースだけどただの空切り
一索は空切りじゃなければ大丈夫、それ以外のソウズは無理どれか刺さる

「これはさすがにテンパイでほぼ三索が雀頭かアンコ」
まあさすがにテンパイ、これはいいでしょう。こんな河でもう1枚手出しされてテンパってなかったらもうその人は無視して打つから関係ありません。
ほぼ三索が雀頭かアンコ、問題はこれです。これの最大のヒントは下家の二索切りです。
手の内に二索があって二索をポンできなかったとなるともう形は二索三索三索二索四索六索くらいしかないです。(二萬三萬を払っているので、二索四索からの五索引きは否定されてドラ使いたかった時の二索四索六索からの二索切りはまあ考えれます)


※ここでヘッドレスからの仕掛けを考慮していないのは序盤のリャンメンチー、リャンメンターツ払いからヘッドレスの仕掛けの場合は手順としておかしいからです。実際牌を並べてみるとわかると思いますが、ヘッドレスの形は想像し難いです。

※以下追記です(・_・;) 

まずここまでで東バックの仕掛けに対してほかの字牌について全く触れていないのは、河に切れている字牌の種類、枚数とやはり二萬三萬切りが関係してきます。
まず河を見てみると西以外はすべて1枚以上切れています。東ポン後の手出しが三萬なので、手牌に二萬三萬よりも優秀なターツがあるはずなわけでそれが字牌であることはほぼないでしょう。
で、ここからが一番大事なとこになりますが、この場況でいえば白中が切れていることがかなり大きいです。字牌に刺さるとすればほぼ間違いなく役牌なので(ダブルバックでなければ残す価値がほぼない)上家の六萬もしくは二萬切りの際に1枚持っていた白中が重なった場合ですが、ここまでケアしてしまうと何も切れなくなってしまうのであまりお勧めしません。
もちろん字牌が1枚も切れていない場合は二萬三萬五萬赤六萬二筒四筒五筒七索八索東東中中からの仕掛けなども考慮しなければいけないので字牌の危険度はかなり変わってきます。





結論
・だいたいソウズのリャンメン待ち、もしかしたらカン五索待ち
・ピンズ、萬子は大丈夫 一萬四萬二索が空切りか五索ツモでスライドの場合危ないくらい。最初の方でも書いたけどあくまでも本命はソウズのリャンメン。

結果↓
日記用 読みのススメ4

ここではドラを引いてやめてますが、基本的にはソウズはほぼ全部打たない感じでした(´∀`*)

以上が今回のテーマの「読み」になります。
副露に関しては入目がわかるケースも多いので読みは結構重要になると思います。
思考の流れを追ってもらえればわかりますが、あくまでも相手が正しい手順で打っていることが前提になるので読みを過信しすぎてもあまりよくないです。
伝えたい部分は手出しやツモ切り、鳴いた牌、鳴かなかった牌など様々なヒントから相手の手牌を想像することができるってことです。基本的には全部これの応用で山読みなんかもする感じです。

牌の画像をいっぱい使ってすごく疲れたので今回はこれでおしまいです(´Д`)

後半部分結構説明省いてるような気もするので何か不明なことがあればコメントにお願いしますm(_ _)m




プロフィール

yu-----u

Author:yu-----u
天鳳ID「yu-----u」
天鳳:九段R2200超えたあたり
鳳南で打ってます
10/13 九段昇段しました!

Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

麻雀難民リーグ 3/6更新!
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
リンク募集中(´∀`*)
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。