スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【麻雀】点数状況の把握

せっかく前回の記事で戦略について書いたので、今回はもう少し細かく書いていくことにします(´∀`*)
今回は戦略についてなので基本的に配牌を取る前に考えていることになります。
とりあえず自分がよく考えていることを東場と南場をそれぞれ東~北家の場合で分けて書いていきます。

《東場》
東家:連荘第一。点数稼ぐ。
南家:親流したい。手牌によっては親に絞らせようかなー
西家:いい配牌こないかなー(´∀`*)
北家:親に甘く打たないようにしないとなー
《南場》
東家:連荘する、点数稼ぐ!けど点数状況によっては引き気味にだなー
南家:東場と同じ+点数状況考える
西家:東場と同じ+点数状況考える
北家:東場と同じ+点数状況考える

すごくざっくりですけど、こんな感じです。実戦では親よりも点数持っている人を中心に考えたりいろいろです。
どうでもいい話だけど、麻雀って西家が一番和了が多いらしいですよ(´∀`*)ソースはないけど。

でここからが今回の本題の点数状況の把握についてです。
天鳳などの順位制の麻雀ではものすごく重要な要素になります。

基本的には追う場合も逃げる場合もオーラスの満貫条件というのが目安です。
まあそんなことは当たり前ですが、それに応じてしっかり準備することが大切になります。

例えば下記の状況
2013122915gm-00a9-0000-09b245a1tw=2ts=6.jpg

天鳳ランキング戦 南3 トップ目の親番 下家と12000点、対面と10100点、上家と9100点差
・できればあがってオーラスは満貫圏内から脱出したい
・でももし満貫放銃したら一気にラス候補に
・おそらく他3人は全力であがりに来るだろう(ラスでオーラスは迎えたくないので)
・3人は放銃したらほぼ脱落になりうるから親のリーチには押せないだろう

と、まあとりあえずこのくらいは点数状況から想定できます。
なのでこの局は戦略としては
「高い手に絶対振り込まない」「先制(できれば良形)リーチ打ちたい」こんな感じになります。

で実戦では6巡目でこんなことに↓
2013122915gm-00a9-0000-09b245a1tw=2ts=6_20131230060254c26.jpg

※下家が染め手ではないこと、ドラの1pにポンがなかったこと、下家があがる分にはオーラスも条件的にはあまり変わらない(おそらく3人のあがり競争になる)ことからかなり押し気味に打っています。

結果この局は対面の和了↓
2013122915gm-00a9-0000-09b245a1tw=2ts=6_20131230061220e01.jpg

こんな感じで比較的いい形でオーラスを迎えることができました。
まあ満貫ツモられたらしょうがない、早和了したい局面だしそうそうでないでしょ(´∀`*)

ここまでの思考の流れ、これが今回のテーマの点数状況の把握になります。
オーラスの条件だけじゃなくそれぞれの点数状況を考えることでどんな状況になりそうなのか
自分が何をすれば他家はどう反応するのかなどいろいろと予想することができます。

例えば満貫条件から跳満条件にするための1000点にものすごく価値があったり、状況によっては打ってもいい満貫や絶対打っちゃいけない1000点もあるのが難しいところですが、この部分は押し引きの根幹をなすものなのでとても重要です。経験則ですが特上卓ではしっかりと把握できている打ち手の方が少なく感じます。

こんなところで今回はおしまいです(*´∀`*)


え、オーラスどうなったかって((((;゚Д゚))))



2013122915gm-00a9-0000-09b245a1tw=2ts=7.jpg

まくられました(´;ω;`)









関連記事
スポンサーサイト

【麻雀】戦略と戦術

始めてから方向性がはっきりしないブログですが、ちょっとある人から「どんなこと考えて麻雀打ってるのか知りたい」と言われたので今回からはそれについて書いていきたいと思います(´∀`*)

まず最初は対局する上で僕が大事にしている部分について書きます。
「戦略と戦術」
戦略:その局、もしくは半荘ですべきこと。変更はほぼしない。
例)天鳳ならラス引かない、フリーならトップ取る、トップ目のオーラスなら絶対振り込まない、親の連荘をさせないなどなど
戦術:上の戦略を実行するためにどういう手牌にするか。実際の打牌選択。1打1打で状況は変わる。
例)何切る、リーチ判断、副露判断

大事にしているのは上の2つの違いです。大雑把にいえば戦略は配牌を取る前、戦術は配牌を取ってからになります。
まずこの2つが曖昧になってしまうと押し引きの部分で致命的なミスが出る可能性が高いです。
リーチに押す必要がないのに押したとかあがりに行く必要があまりないのに守備力を下げて和了に向かうなどですね。
個人的にはこれが把握できていない打ち手は上級者ではないと判断しますね。
上級者同士の対局であればこれはある意味、常識というか共通認識になり、それが対局の醍醐味にもなります。
例えば「あの人は満貫以上欲しい局だから安い手ではあがらないはず」とか、「ここで鳴いたら上家は無理する場面じゃないからきっと牌を絞られるだろううな」とかですね。

いわゆる初心者の方や麻雀強くなりたいという方は僕の経験上、牌効率とか鳴きの判断を重視しがちですがけっこう上のような押し引きの判断がしっかりできていないケースをよくみます。
持論ですが麻雀で一番大事なのは「押し引き」であって牌効率などは一定のレベルまで達すればそこまで重要ではないと思っています。
その大事な「押し引き」をする上で重要なのが「戦略と戦術」の違いと内容をはっきりと認識するというのが今回の話になります( ´∀`)

次回はおそらく天鳳の牌図使いながら、読みか押し引きのことについて書きます。

最後に前回の何切る問題の解答?を書いておしまいです。
<南2局 北家 6巡目 ドラ六索 8000点持ちのラス目>
二萬四萬五萬六萬七萬二筒三筒四筒五筒六筒六筒二索四索六索


Aプロの回答 二萬
私は…、打二萬にします!
マンズに関しては有効牌が三萬四萬五萬六萬七萬八萬と多く、“ダイレクトに三萬を引くケースよりも上に伸びるケースが多い”からです。


Yプロの回答 六筒
・ドラ色であるソーズのリャンカン聴牌は体感よりもアガリづらいため、避けたい
・ネックのソーズは雀頭になっても可
・一番引きやすい一筒四筒七筒の三門形を開いておくのはタイムロスにならない


僕の回答 二索
・ドラは絶対使い切りたい、順目もそろそろ中盤なのでイーシャンテンには取る
・萬子はヘッドに潰れてもいいのでまだ手はつけたくない



関連記事

【麻雀】打ち筋の変遷

前回麻雀のスタイルについて簡単に書きましたが、実は昔は面前派の手役重視みたいないわゆる昭和の香りがする打ち手でした。今も名残は多少あると思うけど、そう思われることはほぼないです。

じゃあ「具体的にどう変わったの?」っていうのが今回のテーマです(´∀`*)
単純な雀力の向上以外に変わったことは大まかにいえば下記の2つです。
①副露率の上昇
②リーチ判断

まず①から。よく鳴くようになりました。
実感値で申し訳ないですが、数年前は副露率は270~300くらい、今現在はおそらく350~400くらいです。
実感値になってしまうのは天鳳のアカウントの歴史が長いのでおそらくこのくらいだろうという感じです。
天鳳は現在900戦ちょっとで副露率は315、2年以上前に800戦までしてこの数字です。
具体的なところでは

東1-0本場2順目西家、関連牌は場になし ドラ三筒

一萬二萬五萬赤八萬八萬四筒五筒三索七索西北中中

上記の牌姿から以前は中を鳴きませんでしたが、今は鳴きます。
鳴いた場合の善し悪しは割愛するとして、僕は鳴いた方がメリットがあると判断し鳴くようになりました。

次に②。リーチ判断です。
これはさっそく具体的な牌姿から↓ちなみに現在のリーチ率は190です。

東1-0本場5順目西家、関連牌は場になし ドラ三筒

一萬二萬三萬六萬八萬八萬八萬三筒四筒五筒二索四索中中

以前は二索切り、今は六萬切りリーチ

これも善し悪し別としてリーチの方がメリットがあると判断してそうしています。


具体的に牌姿も含めて打ち筋の変化を書いてみましたが、
まあ見る人によってはこの判断の変遷こそが雀力の向上そのものと言えるかもしれないです(;´Д`)

ここからは僕の考えになりますが、現在は今の打ち方が得だと思っているので多くの場面でそうしますが、実戦では両方できることがすごく大事だと思っています。
いろいろな打ち方の引き出しを持っておくイメージです。
基本的に麻雀は情報処理のゲームだと思っているので、処理した情報に合わせて正しい(と思われる)打牌を繰り返していく。その積み重ねが結果に繋がると思っています。
そういった側面からもいろいろな打牌の選択肢を持っておくことが大切だと思ってます。


さて今回はこんなとこでおしまいにします(´∀`*)
次回は天鳳の実戦譜からなんか考察したいなーって思ってます。
ただ、パワプロ2013にはまって全く段位戦してないので違うかもしれませんw
関連記事

【麻雀】自分のスタイル

自己紹介だけじゃわけわからんブログになっちゃうのでさっそく麻雀について書いていきます。

まず最初の麻雀に関する日記は「自分のスタイル」についてです。
まあ、麻雀のスタイルっていろいろあるわけで攻撃型守備型、面前派鳴き派、オカルトデジタルとかいろいろですね。
上の選択肢から自分にあったものを選んでいくならおそらく「攻撃型鳴き派デジタル」になります。

分類すればこうなるんですがそもそも自分のスタイルなど考えたことはなくて、いわゆる自分の中の損得勘定を基準に打牌選択しています。みんなそこは基本的には一緒だと思いますが。
大事な前提としていわゆる流れとかツキの動きとかは僕には感じれないのでそれは打牌選択には影響しません。
山も無作為に積まれているものとして特に気にしません。
ただ対局相手が流れを意識しているようなら、それは自分の「読み」の中に入りますし、打牌にも影響します。

最終的にどうなりたいかというと、ただ漠然と「強くなりたい」それだけです。

現状での課題というか目標は打牌選択の基準の精度を上げることです。
基準の精度を上げるというのは、例えば相手のリーチを受けたときに、押すべきか引くべきかの判断の際、「点数状況」や「手牌構成」「統計」「読み」などいろいろな基準から打牌選択します。この「」の精度を上げるということです。
自分の考えですが、「読み」だけに頼ってもいいかげんだし、かといって「統計」だけで判断するのも心元ないんですね。理想は全ての基準を正確にmixさせて打つことですが、とても生きているうちにできるようになる気はしません(´Д`)

思いつくままにどんどん書いてきましたが、おそらくここまで読んでいただけたら僕の考え方なんかは少しはわかっていただけたかと思います(´∀`*)

次回からは実際の牌図なんかも利用しながらいろいろ書いていきたいと思います('∀`)



関連記事
プロフィール

yu-----u

Author:yu-----u
天鳳ID「yu-----u」
天鳳:九段R2200超えたあたり
鳳南で打ってます
10/13 九段昇段しました!

Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

麻雀難民リーグ 3/6更新!
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
リンク募集中(´∀`*)
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。