スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【麻雀】字牌の扱い

字牌については前々から書こうと思っていたのですが、なかなか構想が思いつかなかったので後回しにしてました。
うまくまとまらない恐れがあるけど、書いていきます(´ー`*)

まずは僕自身の根本となる考え方から
・使いにくい役牌はなるべく早く切る
・孤立牌との比較で切る優先順位は、
場風牌>1・9の孤立牌≧三元牌≧客風牌≧自風牌>その他の孤立牌
になります。ここでも価値が=になってるところが多いですが細かくは状況でかなり変わります。
白發中の切り順は日によって変わってます。その日の気分で重なりやすいと感じてる牌を残しますw

※ちょっと話をそらします。よくダブ東をすぐ切るのはぬるいといったことがありますが、現状ではおそらく損な戦術になっているかと思います。特に天鳳においては顕著です。
よく聞かれるのが、
・相手のキー牌となりうる牌は自分が勝負できるまで打たない、勝負できないのであれば打たない
とかですが、勝負出来るようになった頃にちょうど重なってしまう可能性、いわゆる間に合ってしまう可能性は1巡ごとに高くなってしまうのであまり得策とは思えません。そして勝負できる手牌というのが曖昧なのが個人的に嫌いですwイーシャンテンなの?じゃあ逆にイーシャンテンならそこまで勝負する手かどうか判断できなかったの?勝負できる手なのにリャンシャンテンまで東1枚のせいで受け入れ減ってるはずだけど大丈夫?
とかたくさん疑問が浮かびます。
「聴牌まで切らない。もしくはかなり好形のイーシャンテンまで」これなら少し納得できます。むしろ役牌のドラなら僕も基本的にはこのくらいの基準です。
ですが、麻雀は4人でやるゲームです。もしダブ東の価値を4人全員がそのくらいの価値で打ってるなら有効な戦術かもしれません。が現状はいらない役牌は先に切るという戦術が主流になっているので、それに倣ったほうが得といえます。

話を戻して字牌の切り順について実戦譜から↓
字牌の扱い 南家

これは白發南九筒の順に切ります。

基本的には上の順番に即してしますが、九筒がより遅くなっているのは、手牌にピンズが1枚もないからになります。
もし手牌に三筒とか六筒があれば先に九筒を払うことになります。

次↓
字牌の扱い 北家

東4で下とはそこそこ離れた2着目です。親番はラス目で自分は北家

ここでは西南發中の順に切ります。ツモ次第で間に八筒九索がはさまるかもです。
ここでは最初に書いた順番はほぼ関係なくなってますw
理屈としては
白が1打目に切られているので、發中をトイツで持ってることは少なそう
・じゃあ重なって親流せたらうれしいからちょっと持っておこう
南西の違いは、「南家のほうが早あがりしたい局面」+「南家に鳴かれたほうが親が困る」ので南家が鳴いてくれることを期待して少しだけ南を温存します

最後↓
字牌の扱い オーラス2

オーラス、すごく離れたトップ目、対面と跳満直撃条件かな、北家、3着目の親番。
ちなみにドラは北で親の1打目に打たれました。

これ字牌からは切りません。まあ北合わせてもいいけど、貴重な親の現物なので持っておきます。
おそらくほっておけば終わりますし、ほぼ親に打たなければいいだけなので適当に安全な牌を持ちながらかなり形を決めて進めます。ほぼ進んでない感じでも全然問題ないです。あがる必要ないですから。


まあこんな感じなわけで最初の基準なんて当てになんないです。
かなり状況によって変わってきますが、いちおう全部理屈的にはそんなに外れていないかと思います。
これが正しいってわけではありませんし、人によっては読まれにくいようにあえて順番を決めない人もいるようです。
僕自身はこういう細かいことで100半荘の内の1局うまくいけばいいかなーくらいの気持ちなのでそこまで重要視もしていません(´∀`*)


ちょっと最後に書き忘れを書いておしまいにします。
おそらく最初はなかなか字牌をどんどん切ってしまうことに抵抗を感じる人も多いと思います。実際僕もそうでした。
今も手牌が数牌だらけだとなんか落ち着きませんw
それがいいかどうかは別として、戦術として序盤はぶくぶくに聴牌チャンスを最大に構えて、ある程度形が決まるか、もしくは中盤(8巡目くらいから)以降に安全な牌と入れ替えていくというのが手法としてあるようです。 
そもそもの考え方として序盤にリーチを打たれたとしても、手牌の中から一番当たらなそうな牌を切るのだからそんなに怖がらずにすすめていくっていうことみたいです。

最後はただの紹介みたくなりましたが、いろいろな打ち方を取り入れて引き出しを増やすことはとても大事だと思っているのでいろいろ挑戦しようと思います( ^∀^)

次回は未定ですが、全く麻雀に関係ないこと書くかもしれません(´゚д゚`)



関連記事
スポンサーサイト

【麻雀】「赤ありと赤なし」

ちょっと最近話題になったので、いろいろ書いてみたいと思います(´∀`*)
赤ありと赤なしはどっちが運の要素が強くなるかという話です。

先に自分の結論を書くと「赤ありのほうが運の要素は低くなる」と思っています。
理由を挙げれば、
赤の有無により複雑化するから
基本的にはこれだけです。
赤ありは手役が~とか喰いタンが~とかいろいろ言われますが、単純に赤という要素が増えるので考えるべきことが多くなる、つまり選択肢の増加になるのでより大きな技術介入が見込めるという話です。

で、だいたいここで問題となってくるのが
「でもドラ引くのは運だからいっぱいあるほうが運ゲーになるじゃん」っていう反論です。
いっぱいあるほうが運ゲーになるかどうかはともかく、もし赤ありのほうが極端にドラの枚数が偏るのであれば理屈としてはあっています。

そんなときの反論は
偏るとしてもどうせ収束するんだから関係ない
これに尽きます。
つまりドラの枚数にバラつきが出たとしてもそれはみんな平等なんだから実力とは関係ないでしょって意見です。
あくまでも赤の要素のみで比較してドラの枚数や偏りは考慮しないというわけです。

実際のところいろいろ枝葉がついて
・赤ありだとドラがより均等化される
・高打点も出やすいので、ラッキーパンチをまくりやすい
・喰いタンの強化により、鳴き判断がより多く求められる
・先制リーチを受けた時、赤なしだと期待値的に押し返せる局面は少ないが赤ありはそうじゃない(から複雑)
などなど理屈をつければたくさんつけれるみたいです。


で、これだと話が終わっちゃうので本当に赤ありのほうがドラに偏りが出るのか、考察してみました。
とりあえずそれぞれドラの枚数の確率を求めました。
赤なしで配牌13枚、ツモ18枚としてドラを1枚引く確率は 4C1*132C30/136C31≒43% になります。
同様にして赤なしのドラ0~4枚、赤ありのドラ0~7枚すべて求めてみました。
※数字はすべてまるめてあるので近似値と思ってください。
かなり正確に近い値ではあるはずです、ミスがなければ(;´・ω・)


まとめたもの↓
ドラ枚数 グラフ

でまとめてはみたもののあんまり書くこともなかったです、みたまんまです。
見てもへーってしかならない。
これでどっちが運要素が強いとかわかんのかな(´ー`*)
なんかすごく無駄なことをしたような気がしないでもない。
頭の片隅に入れておいてセットするときに友達に言えたらちょっといいかもね!

…さすがに頑張って考えてみます(-_-;)
まず赤なしから
・0枚と1枚でほぼ80%、確かにリーチに押し返す場面はそうそうなさそう
・半荘の平均局数は11なので、ドラ3枚引くのは3半荘に一回くらい。が4人だから1半荘で1人くらいは3枚引く
 
赤あり
・1枚か2枚で65%、確かに押し返す場面も増えるし、喰いタン強そう
・1半荘に1人1回はドラ3枚ひける、運がいい人は2回ひけるかも

…こんなとこか。まあ最初の曖昧なところも多少は説得力が出たかもしれないな( ´∀`)
数字出してみたものの思ったより効果が感じれなくて残念です(´・ω・`)

もう疲れたので今回はここでおしまいです。
次回は字牌の扱いについて書こうかなと思ってます(´∀`*)
関連記事

【麻雀】読みのススメ 

今回は前回のデジタル的な視点から一転して「読み」のお話です( ^∀^)

ですが僕自身はすごくデジタルな部分と思って「読み」を活用しています。

ではさっそく実戦譜から見ていきます↓
日記用 読みのススメ1

東2局 親番 上家が東をポンしたとこです。
※河の色付きは手出し牌、暗くなっている牌はツモ切りです(念のため)

ここで河から判断可能なこと
・ピンズはほぼ大丈夫、全部通りそう
・萬子はたぶん大丈夫、一萬四萬ちょっと警戒くらいかなー、大丈夫だろうけど
・ソウズやばそう、テンパイか悪くても良形のイーシャンテン

一つ一つ解説します
「ピンズはほぼ大丈夫」
まあ見た目からほぼピンズの受けはなさそうです。あまり問題ないと思います。
いちおう四筒四筒五筒五筒からの仕掛けも考えれますが、それだと二萬三萬を切っている理由がちょっと微妙なのでないでしょう。場況から二萬三萬の方がよさそうなので。じゃあ四筒五筒赤ならどうよ?ってなりますが、天鳳では副露時にターツが同じ場合は自動で赤が優先して選択されるはずなのでこれもありません。

「萬子はたぶん大丈夫、一萬四萬警戒くらいかなー」
・萬子の最大のヒントは二萬三萬の手出しと六萬のツモ切りです。まず二萬三萬の手出し、これで手牌のターツ候補が余っていたことがわかります。そして東のポン。ターツオーバーで仕掛けがきく形(ここでは正確には仕掛けなければいけない形)であれば基本的には未完成ターツの部分は厚く持つはずということです。つまりこの手牌でいえば5順目に二萬三萬五萬六萬六萬とか二萬三萬六萬六萬七萬なら六萬じゃなくて二萬三萬を切るはずっていう話です。
なので萬子は六萬周りは大丈夫そう、唯一二萬二萬三萬三萬から2度受けを嫌った形もあるけど、それなら1枚切れの三萬から切るだろうっていうのと、自分の手牌で二萬三萬四萬と使っていてワンチャンスにあたるから大丈夫そう。

「ソウズやばそう、テンパイか悪くても良形のイーシャンテン」
ここまで読んでもらえればもうお分かりかと思いますが、ソウズがそうとうやばそうです。萬子もピンズも否定されればそりゃそうです(;゚Д゚)しかもリャンメンターツ払ってるので良形っぽいです。そして二萬三萬よりもよさそうなターツはドラ絡みくらしか考えれません。

いったん答え合わせします↓
日記用 読みのススメ2

すごく納得のいく牌姿です。待ちもよさそうな完全イーシャンテンです。

次巡↓
日記用 読みのススメ3

二索が手出しされました(;゚Д゚) 
※ダイヤモンドチーですが鳴きオフ消し忘れで鳴けないっていうぬるぬるなことしてます(つд⊂)


この手出しからわかること
・これはさすがにテンパイでおそらく三索が雀頭かアンコもしくは二索四索六索からの二索切り、あとはレアケースだけどただの空切り
一索は空切りじゃなければ大丈夫、それ以外のソウズは無理どれか刺さる

「これはさすがにテンパイでほぼ三索が雀頭かアンコ」
まあさすがにテンパイ、これはいいでしょう。こんな河でもう1枚手出しされてテンパってなかったらもうその人は無視して打つから関係ありません。
ほぼ三索が雀頭かアンコ、問題はこれです。これの最大のヒントは下家の二索切りです。
手の内に二索があって二索をポンできなかったとなるともう形は二索三索三索二索四索六索くらいしかないです。(二萬三萬を払っているので、二索四索からの五索引きは否定されてドラ使いたかった時の二索四索六索からの二索切りはまあ考えれます)


※ここでヘッドレスからの仕掛けを考慮していないのは序盤のリャンメンチー、リャンメンターツ払いからヘッドレスの仕掛けの場合は手順としておかしいからです。実際牌を並べてみるとわかると思いますが、ヘッドレスの形は想像し難いです。

※以下追記です(・_・;) 

まずここまでで東バックの仕掛けに対してほかの字牌について全く触れていないのは、河に切れている字牌の種類、枚数とやはり二萬三萬切りが関係してきます。
まず河を見てみると西以外はすべて1枚以上切れています。東ポン後の手出しが三萬なので、手牌に二萬三萬よりも優秀なターツがあるはずなわけでそれが字牌であることはほぼないでしょう。
で、ここからが一番大事なとこになりますが、この場況でいえば白中が切れていることがかなり大きいです。字牌に刺さるとすればほぼ間違いなく役牌なので(ダブルバックでなければ残す価値がほぼない)上家の六萬もしくは二萬切りの際に1枚持っていた白中が重なった場合ですが、ここまでケアしてしまうと何も切れなくなってしまうのであまりお勧めしません。
もちろん字牌が1枚も切れていない場合は二萬三萬五萬赤六萬二筒四筒五筒七索八索東東中中からの仕掛けなども考慮しなければいけないので字牌の危険度はかなり変わってきます。





結論
・だいたいソウズのリャンメン待ち、もしかしたらカン五索待ち
・ピンズ、萬子は大丈夫 一萬四萬二索が空切りか五索ツモでスライドの場合危ないくらい。最初の方でも書いたけどあくまでも本命はソウズのリャンメン。

結果↓
日記用 読みのススメ4

ここではドラを引いてやめてますが、基本的にはソウズはほぼ全部打たない感じでした(´∀`*)

以上が今回のテーマの「読み」になります。
副露に関しては入目がわかるケースも多いので読みは結構重要になると思います。
思考の流れを追ってもらえればわかりますが、あくまでも相手が正しい手順で打っていることが前提になるので読みを過信しすぎてもあまりよくないです。
伝えたい部分は手出しやツモ切り、鳴いた牌、鳴かなかった牌など様々なヒントから相手の手牌を想像することができるってことです。基本的には全部これの応用で山読みなんかもする感じです。

牌の画像をいっぱい使ってすごく疲れたので今回はこれでおしまいです(´Д`)

後半部分結構説明省いてるような気もするので何か不明なことがあればコメントにお願いしますm(_ _)m




関連記事

【麻雀】「基準の数値化」

タイトル通りです。だらだらとりとめもなく考察してみようと思います。
今回は「基準の数値化」です。

前回くらいからメンタルについて少し触れてますけど、それの改善策の一つです。
数年前から考え自体はあったけど、まだまだ不完全な基準になるはずなのでざっくり書いていきます。

そもそも打牌に基準を設けるとどうなるかというと、当たり前ですがブレがなくなり成績の安定が見込めます。
現状ではそういう戦術は凸本などが代表例で実際そこそこ有効な戦術だと思います。

今回はリーチに対する押し引きにのみ着目して考察していきたいと思います。

・リーチが入る→リーチを5段階で評価する(良:A~E:悪)

※便宜的に5段階にしてます。知り合いなどにいろいろ聞いてみると、3段階~6段階くらいで分けている人が多いです。
RMUの多井さんは昔は3だか5?で今は10段階らしいです。

・手牌と状況を数値化して押し引き選択する
※リーチがCだとしたら手牌は4点以上なら押すとかそんな感じ(´∀`*)

数値化するものを思いつくまま挙げてみます
+4  4翻 テンパイ 
+3  3翻
+2  2翻 親 安牌ゼロ
+1  1翻 良形  
+0.5 役無しドラ1枚 現物待ち 
-0.5 愚形のみ  
-1  イーシャンテン
-2  リャンシャンテン
-3  サンシャンテン以下

もっとたくさんあるだろうけどとりあえずこんな感じで。
本当はリーチも数値化したほうがいいと思うけど、正確にわかるものではないのでまあいいでしょう。

わかりづらいと思うので実戦に照らし合わせてみます↓
日記 基準の数値化用1

トイメンからリーチ→ほぼノーヒントの子のリーチ、染め手とかでもなさそう→C評価 ※Cは4点以上なら押し
《手牌》
+3:3翻 
+2:親 
+2:安牌ゼロ
-2:リャンシャンテン
――――――――――――
合計5点なので押し

数巡後こんな感じに↓
日記 基準の数値化用2

リーチ評価はあまり場況に変化ないのでC評価のまま
《手牌(8p切るとして)》
+2:2翻
+2:親 
+1:良形 
-1:イーシャンテン
――――――――――――
4点なので押し


最終系と結果↓
日記 基準の数値化用3

なぜか下家からハイテイで三萬が出てあがれました(*´∀`*)

以上が今回のテーマの「基準の数値化」になります。
実際基準の理論として用いるには稚拙すぎてまだまだ使い物にならないと思います。
リーチへの評価の精度の問題やそもそもC評価に4点以上なら押すことが得なのかすらもわからないというのが現状です。
おそらくすべきことはこの基準を発展させたものでとりあえず一定数の対局をこなすことだと思っているのでもう少し練り直してから、天鳳のサブアカウントで最低でも500戦は実戦してみたいと思います。

感想や提案、ここ違うんじゃねとかあったらなんでも言ってもらえたら嬉しいです(´∀`*)
段位戦はちょっと休憩することにしたので次回もなんかだらだらと考察してみようと思います!


関連記事

【天鳳】天鳳1000戦と鳳凰卓100戦

タイトル通りです。きりのいいところのまで対局したので成績メモです。
あとちょっとだからって頑張って打ってたら最後の3戦連続ラスでした(´゚д゚`)
もう1週間くらい段位戦は打たないかもしれないです(ノД`)

とりあえず合計1000対局
tenhou_prof_20140110 1000戦

原点割れしました(´Д`)原因はなんとなく検討ついてるので改善します。

ここ二日間くらいでいっぱいラスひいてイライラするので自慢もさせてください(´▽`)
下は100戦以上の鳳凰卓東南戦のランキングです。

鳳凰卓100戦ランキング

鳳南で100戦以上した中で瞬間的に1位ですw(ちょうど100戦した際に記念に保存しましたw)
そんときの成績↓
天鳳100戦 アカウント

で現在(鳳南118戦時点、合計対局数1000)↓
鳳凰1000戦ランキング2


まだ2位だった(´∀`*)最近負けすぎで萎えてたけど、まだ成績的には優秀な模様。
ちなみにランキングとかで使ったサイトはこちら→天鳳ランキングサイト(男冥利.com)

1/3の八段昇段以降はほぼ毎日そこそこ打ってたわけですが、
ここ最近いまいち成績が良くないのはおそらく「メンタル」が原因だと感じています。

鳳南で打ってて感じるのは、ラスは引くべくして引いてるなーと。当たり前のことですが勝負手で押した場合とか巡目がくそ早い満貫とかに刺さってラスになるのが多いんです。一見しょうがない放銃に見えるんですが、牌譜見返すと昇段戦とかならたぶん打たない牌だったりするんですね。中盤以降に手痛い放銃でラス候補になってしまうとかなりしんどいので、こういう微妙な押し引きの部分も改善しないとなーって感じです。でも意識しすぎると行くべき手牌も行けてなかったりするっていう負のスパイラル(;´Д`)かなり細かい部分になるので明確な基準を作るのも難しく感じるしどうすんべ。

基本的にはメンタル部分の対策としては「ラスを引いたら続けて打たない」のみなんです(さっきこれを破ってひどいことになりました(ノД`)・゜・。)あとはBGMをいろいろ変えるとか…w

正直今までは麻雀打ってて「メンタルとかww雀力ないだけっしょww」みたいな考えだったんですが天鳳みたくしっかり牌譜が残って見返せるとメンタルも馬鹿にできないです。そのくらい自分で細かいブレがあるのを感じる。
まあそれも含めて雀力といえばそれまでなんだけども。

解決策は思いつきませんが、とりあえずもっと強くなれそうだなとポジティブに捉えておしまいにします(´∀`*)
なんかいいモチベーションになることとかあったら教えてください(;´Д`)

関連記事

【天鳳】八段昇段

あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

せっかく1年の始まりなんで天鳳に記録をしっかりとろうと思い立ったのでメモしておきます(´∀`*)
基本的には昇段した時に成績はメモしてたんだけど、以前のpcを破棄して消えてしまいました。

現状
tenhou_prof_20140103.png

さてもうすぐ八段(*´∀`*)できれば今週の土日で行ければなー。
これ以降は昇段時と1000戦目以降は100戦おきにメモしていこうと思います。

和了率とか放銃率とか数字的には不満だらけなんだけど、とても新しくアカウントを作る気は起きないのでこのまま行きます。
とりあえず八段以降の目標は昇段後3ヶ月以内に九段昇段を目指すつもりです(´▽`)

※2014-1/3追記
と思ったら、本日八段になりました(´∀`*)
8段到達


八段到達時の戦績
tenhou_prof_20140103_20140103194435aad.png

次は2014-4/3までに九段目標に頑張ります(´▽`)
関連記事
プロフィール

yu-----u

Author:yu-----u
天鳳ID「yu-----u」
天鳳:九段R2200超えたあたり
鳳南で打ってます
10/13 九段昇段しました!

Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

麻雀難民リーグ 3/6更新!
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
リンク募集中(´∀`*)
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。