スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【麻雀】差し込みとアシスト

段位戦はなかなかポイントのびません(;´Д`)
あと1回確変引ければいけそうなのでそれまで我慢です( ̄ー ̄)

さて今回は「差し込み」に関してです。
まあ正確には差し込みとアシストに関してになります。
差し込み:他家のロン牌と思われる牌をあえて切ること
アシスト:まだ聴牌していないと思われる他家の手が進むような牌をあえて切ること
と簡単に定義して進めていきます。

文字だけでは頭に入りづらいと思うので今回もさっそく牌姿から↓
差し込み1-1
天鳳段位戦のオーラスの3着目 2着とは遠く離れて、4着とは6900点差です。
トップ目と2着目の差が1500点なので上下で激しい着順争いをしている場面です。

以前書いた点数状況の把握の内容にもありますが、この差し込み・アシストにおいては点数状況の判断が根幹になります。

そのへんを踏まえて画像の場面での私の思考
・他家に6400点までは刺さって大丈夫
・親は何が起きても全力であがりに来る
・配牌はまあそこそこ、ただうまくいってもリーチ必要そうかなー
ここから導き出した答え↓
・きついから他家にアシストしてさっさとあがってもらおう

そんなわけでこんなことに↓
差し込み1-2

まったくアシストできてません(´゚д゚`)
たまにラグ入ってたので期待していろいろ打ってみたけど鳴く気配なし(´・ω・`)

もし普通にうってたら平和のイーシャンテンになってるみたいですがこんなこともあります。

もうちょい進んで↓
差し込み1-3

親と対面の仕掛けが入りました!
親に刺さらないようにかつ対面に刺さりそうな牌を打ちます(; ・`д・´)

※ここで対面の手が満貫になるには条件が結構きついのであまり気にしません。
そもそも対面は打点が要らないこと、ドラが赤も含めて3枚見えていることが大きいです。
具体的には使えるドラの半分以上を持たれているのはほぼ事故といっていいので考慮しません


結果↓
差し込み1結果

とりあえず北バックもあるかもってことで打ちましたが次巡しっかり八筒で差し込むことができました( ´∀`)

以上が今回の内容の「差し込みとアシスト」になります。
細かい場面によってはしないほういいこともありますが、
基本的には先述した事故と思っていいようなケース以外では僕は積極的にアシストも差し込みもします(´ー`*)

次もオーラスのこの場面↓
差し込み2-1

今度は2本場なので2600点までしか放銃できません。
しかし今回も似たようなケースであがりに向かうのはきつい状況なのでアシストにまわります。
差し込みまで面倒見るかはケースバイケースで(;´Д`)

少し進んでこの局の結果↓
差し込み2-2

結局、アシスト気味に差し込みました(´・ω・`)
対面はちょっと3900点あってもおかしくないのでそっちも警戒しながらです。
アシストは機能しなかったけどしっかり3着確保できたのでおkです(´∀`*)
この場面ではドラが九索なので下家の手に五索赤があるかどうかの一点で差し込みが正解か不正解かはっきりしますがこれも僕は打っちゃいます。
もういつ親リーが来てもおかしくなさそうなので打ちました。
結果は正解なので良かったですが、これはしない人も全然不思議じゃないしおかしくもないと思います( ´∀`)

今回の上の2つのケースはまっすぐ進めて先手取れても間違いなく反撃が想定されるケースであることも判断材料としては結構大きいです。
こういうアシスト等をする上で基本的にあがれるのは25%程度であること、11巡目前後で1人はほぼ聴牌していること、アシストに回ることで他家の手を1.5倍程度の加速をすることができるなどを知識として知っておくといいかも知れません。

最後に注意をしておしまいにします(´ー`*)
このへんの分野はまだ正解不正解がはっきりしているものではないです。
なので間違っても他家に過剰にアシストを期待しないようにしましょう(´゚д゚`)
鳳凰卓で打っていてもけっこうする人しない人が分かれます。上家を信じて仕掛けてみたけど、謎ベタオリされるとかも普通にあります(ノД`)・゜・。
僕はそんなときは名前をしっかり覚えて状況によっては大差なさそうな場面なら絶対アシストしないと誓いますw
逆にアシストするべき場面でしてくれる打ち手には逆の立場の時しっかりアシストするようにします( `ー´)ノ

ちょっと愚痴になりましたが、麻雀は点数を競うゲームですが、あえて放銃することで点数に大きくかかわる着順を確定させることも可能なので、必ずしも放銃=悪ではないし状況によってそれを使いこなすことも技術として必要です。

なのでみんな怖がらずにアシストしてください(^^)
こんな綱渡りラス回避の牌譜が簡単に2個も出てくる現状には触れないでください(´;ω;`)
関連記事
スポンサーサイト

【天鳳】天鳳1100戦

タイトル通り記録メモです( ´∀`)

さっそく成績を↓※左が1000戦時のものです。
アカウント 1000戦 1100戦

100戦してptは+720pt
まあ経緯を考えれば上出来かな。
ptの動きは1315→350(くらい?)→現状の2035pt
一時期、降段が見えるとこまで来たので本当にラスを引けない状態からよく持ち直したと思います(´∀`*)

細かいところを見ていくと連帯率は下がったけど、ラス率も下がってるのでそんなに悪くないかなと。
あとはたった100戦で副露が6厘もあがってるのを見るとやっぱり以前よりは鳴いてるんだろうなーとw

とりあえずの目標は変わらずに4/3までに九段昇段です(; ・`д・´)
マイルストーン的な意味でレート2200台での安定も目標にしてたけど、安定してたら昇段してそうですw

現状のマイルールは
・ラスを引いたら続けて打たない(なんか違うことして気分転換する)
・明らかに打牌がおかしい半荘が続いたら48時間打たない
この2つです(*´ー`*)
ルール追加せずにすんなり昇段できるよう頑張ります( ̄ー ̄)

次回はラス率の低下にちょっとは役に立っていると思われる差し込みについて書きます(´ー`*)

関連記事

【天鳳】鳳凰卓200戦

ようやく鳳凰卓で200戦消化したので記録メモです( ´∀`)

まずはアカウントの成績から↓
鳳凰200戦アカウント

続いて鳳凰卓100戦以上のランキングも↓
鳳凰卓200戦ランキング
※小さくて見ずらい場合はクリックして出た画像をもう1回クリックすると少し大きくなります(;´Д`)

ちょうど100~150戦あたりはすごく成績悪くて、逆に150~200戦はすごく成績よかったです。
結果的には200戦して安定段位がほぼ11段なので今のところ優秀だといえると思います( ´∀`)
ランキングの方は勝手に200戦以上とカテゴライズすれば現状2位なのでこちらもまあ優秀だと思いますw

問題はこのままの成績をどこまで維持できるかであって仮にこのままの成績であと2000戦くらいできれば天鳳位にはなれると思いますが、そううまくはいかないでしょう(´ー`*)

そんなことを考えているときに見つけた牌譜解析の順位遷移のグラフ↓
牌譜解析 順位遷移
※牌譜解析のデータは鳳凰卓での約150戦分で上の数字とは50弱分のずれがあります。

まあ先述したとおり成績が良かった時と悪かった時があるのでそのままのグラフになってます(・・;)
今は今月の前半に続いていた好調期が終わるかなーって感じなんですが、前回、不調になった時との違いは打牌の違いに気付けているということがあります。
具体的には細かいミスや押し引きのがぶれていることに打ってる時に気付けます(´ー`*)
こんなときは少し休むのが一番いいかなーって。他にいい解決方法があればいいのだけども。
そんなわけで2日前くらいから少しづつブレてきているので2日は休んでから再開してみようと思います(´▽`)

ということでマイルールに1つ追加することにします。
・ラスを引いたら続けて打たない
・明らかに不調を感じたら48時間打たない(追加!)

不調を感じるってあたりが曖昧でルール的には微妙だけど、複数半荘続けてミスが多くなっていたらって感じで(´・ω・`)
八段昇段後にルールを破ってだらだら打ち続けて1200p減らしてしまった経緯があるのでもう少しちゃんとやろうと思います(; ・`д・´)

次回は合計1100戦の成績公開になると思います( ^∀^)時間かかりそうなら間になんか書くかもです(´∀`*)
関連記事

【麻雀】牌譜解析① 天鳳位との比較

天鳳の牌譜解析をようやく使いこなせてきたのでその成果を書いていきます( ´∀`)

今回は歴代の天鳳位と自分の解析結果の比較をしていきます。
※自分の牌譜が鳳凰卓の約150戦分しかないので天鳳位の牌譜も鳳凰卓の牌譜のみで解析しました。

解析後目ぼしいところをピックアップしてまとめたもの↓
牌譜解析
黄色の色付けは天鳳位の平均より2%以上高いもの、水色は逆に2%以上低いものです。

まあ結果的にはそんなに大差ないんですが、まだ150戦程度の牌譜なのでこの後1000戦以上してもこのままの成績を維持できなければ何の意味もないです(´ー`*)

まあ簡単に比較すると
・リーチ率が高い
・副露の収支が悪い
・流局時聴牌率が悪い
こんな感じでしょうか( ´∀`)

思ってたより先制リーチによる弊害は少ないというかむしろ有利に働いているようなのでこのままいこうかなと。
ただ副露の収支が悪いのは致命的なので少し意識して改善してみようかと思います。
あとは流局時の聴牌ですが、リーチ打ってる割に低いのはちょっと意外。
ここには記載していない項目で大きな差があるものはなかったので、おそらく副露時に引きすぎなのが先述の収支と合わせて考えてもしっくりくるかなーと思ってます(*´ー`*)
なので当分の課題は「鳴き」になりそうです(;´Д`)

今回は紹介がてら書いてみたのでもし〇〇の数字が知りたいとかあったら気軽にいってください(^-^)
次回はおそらく鳳南200戦の成績メモになると思います(; ・`д・´)
関連記事

【麻雀】鳴き読み

最近段位戦再開しました。
いま確変中ぽいので今月中には対局数1100の成績を公開できるかと思います(´∀`*)

さて今回はタイトル通り鳴きに対する読みのお話です。

まず大前提として
鳴きが入ったら手出しツモ切りを把握する
他家の捨て牌から何を鳴いてないか、何が通っているか把握する


この2つができていないと精度がかなり悪くなるので上記の2つは出来る様にすることを勧めます(´ー`*)
面前であればとても重要ってわけではないですが、
鳴きの場合は入り目がわかるケースも多いので手出しツモ切りの把握は重要な技術になります。

じゃあさっそく実戦譜から↓
鳴きよみ2-1

下家が發ポンの数巡後に白の手出し
この時点ではまだ待ちを完全に推測は出来ませんが、この白自体は1枚切れなので、安全牌として持っていたか中を持っていて三元役を狙っていたか、もしくはその両方かくらい考えれます。
ここで重要なのは
「河がけっこう派手」「安全牌ぽい牌が出てきた」 この2つです( ´∀`)
まあ普通に考えれば聴牌か好形のイーシャンテンと読めます。

数巡後↓
鳴き読み2-2@

下家は白切り以降はすべてツモ切りになっています。
他家がかなり押しているのでヒントが多いです。下家は何待ちでしょう?




答え↓↓
鳴きよみ2 結果

正解は二萬五萬待ちでした。
このくらいが鳴き読みの基本になります。これは二萬五萬一点で止められても不思議じゃない感じです。
実は僕はこのあがった下家なんですが、他家があまりに押してくるので焦りました(´∀`*)w

続いてちょっと応用編↓
鳴きよみ1-1

今度は自分が親番で下家に中バックの仕掛けをされ数巡後にドラ西を打たれた場面になります。

さすがにドラなので聴牌かイーシャンテンくらいかなー( ´・_・`)
ヒントが少ないので、マンズの上の待ちはなさそう、ソウズかピンズの良形かなー、くらいの認識です。
親でいちおうリャンシャンテンなので少しは押したい場面

とりあえず先に結果を↓
鳴きよみ1 結果

1打1打解説します。
七筒切り:四筒六筒八筒から四筒先切りは考えにくいのと九筒が先に切れているのでペンチャンも否定できる
九索切り:八索のうっすい2枚壁w上家がドラを打ってくれたので、ささって高くても3900くらいだろってことで。
一索じゃないのは一索がよさそうなので重なりを見てます(´∀`*)
一萬切り:これも三萬の壁で。今回はワンチャンス。
終盤のワンチャンスはあんまり当てになんないけど、打点がそんなになさそうなので行きやすい( ̄ー ̄)
八索切り:これは安全度ならおそらく一索のほうが高いけど、他家も仕掛けた状況で後々困りたくないので、さきにワンチャンスの八索から打ちました。ちなみに前巡から形テンに向かってます(´Д`)

結果は対面の放銃。まあ聴牌ならしょうがないよね。

ここで大事なのは、下家の仕掛けを程よく尊重すること。
親番なのでベタオリは引きすぎ、かといって聴牌っぽい相手に根拠のない無筋を打つのは押しすぎ。
僕はだいたいいつもこのくらいのバランスです(´ー`*)

次に鳴き読みで重要で簡単な読みの技術の解説↓
鳴き読みサンプル

上記の手牌はいわゆる完全イーシャンテンってやつですが注目してほしいのは
七索ポンをした場合に出る牌です。上であれば五萬が切られることになります。
これはけっこう代表的な鳴き読みでポンの直後の手出し牌の周りが雀頭になるってやつです。
連続系とかの場合もあるので完全に待ちを絞ることは難しいけど、けっこう重要な技術です。
逆にチーであれば、一筒四筒チーで六萬切りの四萬七萬待ちでわかりやすい跨ぎ待ちになります。これは基本中の基本です。
この点についていい牌譜がなかったのでここで補足させていただきます( ^∀^)


最後に鳴き読みを利用した仕掛け↓
鳴きよみ3-1

オーラスでダントツのトップ目。まあおとなしくしてれば連帯はかたそうだし、トップも大丈夫そう。
別に何もしなくてもいいですが、鳴いてみました( ̄ー ̄)いわゆる暇ポン
天鳳ならではですが、みんなラス回避に必死なので、現状の2着目と3着目はアシストしてくれるだろーなーという仕掛けです(´▽`)

数巡後↓
鳴きよみ3-2

南とか中とかアシストしてくれてるけど、それじゃない白だ(;´Д`)
このへんで仕掛けたことを後悔しながら親への安全牌増えないかなーとかなり控えめです。
もちろん白は親のリーチ宣言牌とかではなければ鳴きますが。

結果↓
鳴きよみ3-3

親にだけはささるなーって祈りながら打ってたらしびれを切らした下家が仕掛けてあがって終了(*´ー`*)スミマセン
牌譜見返してみたら親がしっかり白を抑えてて少しは効果あったかなって感じでした( ^∀^)
この仕掛け自体はちょっと微妙ですが、相手の読みを利用した仕掛けっっていうのも有効だったりします。

今回はこれでおしまいです。
読みの技術自体はいろいろありますが、
鳴き読みに関してはかなり精度を上げられるので上達には必要不可欠な技術だと思ってます(´∀`*)

関連記事
プロフィール

yu-----u

Author:yu-----u
天鳳ID「yu-----u」
天鳳:九段R2200超えたあたり
鳳南で打ってます
10/13 九段昇段しました!

Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

麻雀難民リーグ 3/6更新!
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
月別アーカイブ
リンク
リンク募集中(´∀`*)
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。