スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日記】第3回ブロマガ杯リバイマルマッチ 自戦記

タイトル通り第3回ブロマガ杯のリバイマルマッチに出場してきました( ´∀`)
リンク→第3回ブロマガ杯予選結果

ルールは「2回トップ先取方式、先に2回トップを獲ったら勝ち抜け」
トップ以外価値がなくてなんとか他の人に2勝される前に自分が2勝先取するというなかなか狭き門。
これを超えれば準決勝に出れます( ^∀^)

とりあえず1回戦から
東3局親番↓
8.jpg

打点も欲しいし、ターツが足りてないので配牌でカン( `ー´)ノ
受け入れ減らしたくないのでけっこう普通にするやつ。
最終的には69m待ちで12000点出和了。

東4↓
9.jpg

構想通りうまくいってチャンタ3色で聴牌。
少し河が怪しいのも気になるし、打点もあるけどリーチ( ´∀`)
どうせ3pが待ってても出るような牌でもないので打点と少しでも圧力を。。
TS見たら実況の木原さんにも同じようなこと言ってもらえてた。
打ち手の意思をくみ取ってくださる解説、実況はうれしいです(´∀`*)

結果対面さんの追っ掛けに1発放銃で-8000点(´・‿・`)

このあとは特に見せ場もなく南1でチャンタ三色の12000点をあがった下家さんのトップで終了~

続いて2回戦。席順は前回と全く同じ。つまり下家さんにトップだけはとられちゃいけない( ・`д・´)
願わくば自分がトップとりたい( `ー´)

2回戦東3局↓
5.jpg

親から仕掛けがあってこの發にラグ。。(´・ω・`)
対面さんが鳴かないこともあるかもだし、偽ラグの可能性もあるけど親のラグだったら( ・`д・´)
中と心中することにしました(´ー`*)第1打からペンチャン外して字牌出てくるのはちょっと怖すぎでした。

結果↓
6.jpg

結果だけみると、中打ってれば対面さんにすぐ聴牌が入り終わってたみたいです(´・ω・`)むつかしい

さて問題の局、南1局↓
7.jpg

トップが欲しかったので見逃しました。あがって次の親で満ツモ条件(´ー`*)
とはいえ下家さんに跳ねツモ即終了、点差などなど考えるとさすがに出たらあがるべきだったと思います(´・_・`)
欲望に目がくらんだ(´・д・`)

2回戦はその後は危なげなく終了して対面さんがトップ
これできみたまごさんと、くぅちゃん@PEさんが1勝ずつ。。だんだんきつくなってきました。

3回戦。席順は起家からきみたまご・くぅちゃん@PE・zelden・yu-----u(敬称略)後ろにまだ未勝利の2人が固まったので少し後半の展開は楽になるかも(´∀`*)
できればダントツになって自分がトップになることが他2人にも望むような展開になればいいなー
そんなことを考えながら

3回戦東4局親番↓
11_201409260358575ed.jpg

かなりいい展開で来た東4局の親番。未勝利2人が競る展開なので少し気楽(´∀`*)
そんなときにダマ18000聴牌。どこからでてもほぼ決着つくといっていい手なのでダマ!

しかし結果はライバルのzeldenさんのあがり。
この後もzeldenさんがあがりを重ねてトップで終了~

。。。。そう、一人未勝利(´゚д゚`) いろいろ考えて臨んだけど、一番なりたくない展開になりました(´ー`)

決死の覚悟で4回戦(; ・`д・´)席順なんてどうでもいいんです。自分がトップ以外は終了!
願わくば終盤は仲間が増えていくのでラス親に近いほうがいい!

4回戦東3局親番↓
13.jpg

いろいろあってあがれて上記の点棒状況。
下家がソウズのホンイツなのは重々承知だけど、赤5s切れ、役牌も無しで、満貫はほぼない、もしかしたらあがらないかもなーという淡い期待もあって自己都合で押して次巡に引いた5sで3900放銃。

ここも解説聞いてみたら、あがるかどうかは難しい場面だけど、とびで即終了もリスクが減るからあがるのもありとのこと。
確かに2回戦のときといい、飛んで即終了ってとこが少し頭に入りきってないかもしれない。
正確には頭にはあるけど、重要視できてない感じだ(´ー`*)

さて問題の局その2
14.jpg

フリテンの白を残して東打ち。
これは山を凝視すれば白のとこだけすこーしだけ浮いてるらしいという木原さんの配信で知った情報を基に天鳳にも応用した結果の打牌。白は山に浅いのが見えました( ^∀^)

。。。見落としです。河ながめて1枚切れと生牌なら生牌にしとくかー(^-^)
トン!「あ、河に白がいる(´゚д゚`)」 あー。やっちゃったわ(-_-;)

しかしこんなks打牌をしてもあがれてしまう↓
15.jpg

その後もウラウラが2回起こるという幸運でなんとトップ!
1回は自分のツモ和了でウラウラ、もう1回はウラウラじゃなければ飛ばないという条件でウラウラになって結果2確和了となるという幸運('ー'*)

すこし長くなったけど勢いで最後の5回戦!
誰がトップでも終了!席順どうでもいいけど、願わくばラス親に近いほう!

さっそく問題の局その3↓
16.jpg

東1局配牌ドラ3から2枚切れのペン7mで聴牌。
リーチ。。。
・・・きっと興奮してたんだと思います。下家の2枚目の7m見落としてました。
1枚切れなら迷わず曲げますが2枚だとダマがよさそうだなーと思います。
こういうギャンブルリーチは勝ち切る場面では必要とフォローしていただいてたけど、これはやっぱなさそう(´;ω;`)

余談だけど解説・実況していただいて、安易に打ち手批判をせず、意思をくみ取ってくれたり打牌のフォローをしていただけるのは本当にありがたいことです。
自分はそこそこTVとかでプロの解説をみるけど、やっぱりいわゆる某団体の大御所とかはひどいですよね。
もちろん素人には言わないっていう多少の線引きはあるけど、それでも気分がいいものではないです。
そして大御所的な人のほうが知名度が圧倒的にあるので、世間一般のプロ評価に直結してしまうのがなんともやるせないです(´・ω・`)

話を戻して5回戦!上のやつは親に7700放銃でした!

点棒削られて東3局↓
17.jpg

点数ないからリーチ( `ー´)ノ頼むからここで跳満とか。。

結果↓
18.jpg

追いかけられて8000点放銃。。
これは相当きつい(´・ω・`)(・・・さすがに無理くさいな。諦めはしないけど)

南1 ダントツトップ目zeldenさんの親番↓
20.jpg

少し迷って3m打ち。25mの枚数とか良形聴牌率とかいろいろあると思うけど正直正解はよくわからない(´・ω・`)
おりるのは間違いだとわかるけど、何打つのがいいんだろ(´⌒`)

結果この3mが放銃で終了~

準決勝への勝ち抜けはzeldenさんでした!
おめでとうございます!TS見てても思ったけど押すべきところの押しが本当に強いと思った。
最終戦でダントツのトップになれたのも親の怪しい捨て牌にドラ發の押しとか素直にすごいなーと。
自分が打っててあの捨て牌に發おせるかなーと(; ・`д・´)

この第3回をもってブロマガ杯一旦終了とことで少し残念ですが、非常に面白い企画で楽しかったです( ^∀^)
企画、実況の木原プロ、解説の仲川プロ、同卓の方、観戦してくださった方々、ありがとうございました( ´∀`)

次回は未定とのことですが、そこまで遠くない未来に似たような催しが開催されるのを願って日々鳳凰卓で精進しようと思います( `ー´)ノ

牌譜↓※上から順番に1~5回戦です
09/25 | 牌譜 | C7988 般南喰赤 | http://tenhou.net/0/?log=2014092521gm-0009-17988-84cf12bd&tw=2
3位 C:yu-----u(-18.0) D:くぅちゃん@PE(+70.0) A:きみたまご(+6.0) B:zelden(-58.0)
09/25 | 牌譜 | C7988 般南喰赤 | http://tenhou.net/0/?log=2014092521gm-0009-17988-058b70cd&tw=1
2位 B:yu-----u(+1.0) C:くぅちゃん@PE(-19.0) D:きみたまご(+65.0) A:zelden(-47.0)
09/25 | 牌譜 | C7988 般南喰赤 | http://tenhou.net/0/?log=2014092522gm-0009-17988-d0940b8c&tw=3
3位 D:yu-----u(-15.0) A:きみたまご(-39.0) B:くぅちゃん@PE(+6.0) C:zelden(+48.0)
09/25 | 牌譜 | C7988 般南喰赤 | http://tenhou.net/0/?log=2014092522gm-0009-17988-d9bad8f0&tw=2
1位 C:yu-----u(+46.0) D:くぅちゃん@PE(-50.0) A:zelden(+16.0) B:きみたまご(-12.0)
09/25 | 牌譜 | C7988 般南喰赤 | http://tenhou.net/0/?log=2014092523gm-0009-17988-661df8b9&tw=1
4位 B:yu-----u(-54.0) C:くぅちゃん@PE(-18.0) D:きみたまご(+3.0) A:zelden(+69.0)
関連記事
スポンサーサイト

【天鳳】天鳳1800戦

好調好調、紅潮( `ー´)

アカウント1800戦

あと415pt 

ラスを引く前に4回トップ1回2着、3回トップ-4回2着、2回トップ-6回2着?こんな感じでいければ昇段( ^∀^)

ちょっと前に、まだ折り返しすらいけません(´・_・`)と萎えていましたがこれはいけそう。。

とはいえ実はもっと近づいてました↓
R2261.png

ここからラス1回3着1回で上の画像の状態です(; ・`д・´)
もう少しもう少しだけでいいからこの好調よ続いてくれ...(´ー`*)

感想文ばっか書いてもしょうがないので、少し麻雀の話も↓
染め1

さて何切りましょう?
9m?-うん。悪くなさそう。瞬間的に6ブロックに受けてその後のツモ次第。
しかしほんとにそれが最善なのだろうか?

染め2

同じ6ブロックならこっちの方が打点もおえてよさそうな気がします。

染め3

7m引いて打7s。この辺で5ブロックに移行するのは当然ですよね。
少し進んで↓
染め4

ラス目からリーチが入ったけどこれならそこそこ戦えそうです(´∀`*)

結果↓
染め5

かなり押すつもりだったけど、あんまり迷う牌も引かずに和了までいけました。ついてる(´ー`*)
序盤でしっかり打点を追うことで3200オールになりました( ・`д・´)

これ見てる人はわかると思うけど、木原さん※(天鳳ID【罪歌】さん)のブロマガ(→リンク)を購読し始めて、配信を見始めて意識できるようになった部分です。最近の牌譜だと特にホンイツ意識、打点意識が相当強いです。さすがにこれは行っちゃだめだろうと思うような牌姿も染めてたり打点追ったりしてるので、場面判断を正確にするっていう課題は大きいですがw

とはいえこれはかなりためになってて、特に東場の時は大きく満貫を狙う手組を意識してます。
意識する前は気づかなかったけど、満貫チャンスを2000点和了とかでつぶしているケースは少なからずありました。
聴牌速度重視だったり、役牌副露、タンヤオ副露、こういった判断が大きく変わりました(*´ー`*)
まだ全然ベストというか、身になってるとは言い難いほどめちゃくちゃしてることも多いけど、おそらく引き出しが増えたのだろうなーとすごく感じてます。

そんなこんなでいろいろ書いたり、たくさん麻雀ないし天鳳打ってきてるけど、まだまだ完璧な打牌など出来るわけもないし、それを目指してもいないです( ̄ー ̄)いろいろ取り入れて、より強くなっていきます(´・ω・`)

次回は九段昇段の記事でいいでしょうか。







yjimage (1)


関連記事

【天鳳】鳳凰卓900戦

タイトル通りです!
さっそく成績↓↓
SnapCrab_NoName_2014-9-13_19-11-42_No-00.png

少し数字を使って遊びました。
↓900戦でそれぞれの着順を出してみました
SnapCrab_NoName_2014-9-13_20-16-12_No-00.png

ここで前回の記事から再設定した目標が
・安定段位9段
・1000戦までの200戦のラス率を.210以下

残り100戦なのでどういう成績で行けば達成できるかわかりそうです。
まず「1000戦までの200戦のラス率.210以下」
直近の100戦で24回ラス引いてるのであと18回までラス引けます。
なかなかきつい数字(´・ω・`)

続いて「安定段位9段以上」
これは上の残り200戦ラス率.210以下も満たすとして↓
SnapCrab_NoName_2014-9-13_20-29-42_No-00.png

つまり残り100戦で「29-27-26-18」これで達成できる!
連対率.560、ラス率.180は厳しい数字だけどできない数字ではない( ^∀^)はず。。

今月の調子が良すぎてかなり数字が改善したのでなんとか目標追えそう。

なんでこんな数字遊びしてるかっていうとモチベーション維持の意味合いがかなり大きいです(´ー`*)
ただ漠然と昇段を見て打つよりも道のりも大事にしたいものです。

自分の目標はあくまでも現状は九段昇段なのでそのための手段としての小さい目標ですね。
とか書いてて思ったけど、29-27-26-18でいければ+1125ptになるので昇段してますねw

最後に具体的に麻雀の内容で変わったこと
・打点意識:安くなってしまわないように。どうしても聴牌優先、速度優先してしまいがちだったのを、高く出来る手は高くもっていけるように試行錯誤中。もちろん早く聴牌優先!の局面もあるので使い分ける。
結果としてトイトイ、三色、チャンタ系を以前は見れてなかったと反省。鳴いたほうがいい局面もスルーしてしまう弊害も少しあった。
前回書いた、孤立牌の意識は変わらず。28牌と役牌の切り順に少し気を配ってる。
今月はかなり和了率がいいけど、それが理由なのかは不明。今後もしっかり身につくまで継続。

次回はもうすぐ天鳳1800戦なので引き続き記録記事になります。
ポイント動向とかは基本天鳳○戦、安定段位とか順位率系は鳳凰卓○戦で記録するようにしています( ・`д・´)

関連記事

【麻雀】中盤から終盤にかけての他家警戒と押し引き

久々の戦術論です(*´ー`*)

今回はリクエストしていただいた内容になります(´∀`*)
書く内容に困ったり、何が言いたいのかわからなくなることも多いんですが、内容をリクエストしていただけるのは本当に嬉しいし光栄なことです。頑張って充実した内容にしていきます( ・`д・´)

今回のテーマは「中盤から終盤にかけての他家警戒と押し引き」になります。
元々リクエストしていただいた内容は
「12巡目を超えても鳴きおよび立直が入っていない状況で
そこで全家に無スジの牌を引いてしまったとき、どのくらいなら押すかご意見を聞きたい」

といったものでした。
シンプルに答えてしまえば、「状況による」といえてもしまうし、「聴牌ならだいたい押していいし、リーチしましょう」とも「リーチや副露もないのであれば他家を気にしてもしょうがない」といろいろ答えれるかとは思います。

それではあまり面白くないので少し内容を噛み砕いて、具体的にどの程度なら押すのか、降りるのか、そもそもどういった思考をしているのか、判断材料はどの程度あるのか、そういった判断要素をまとめながら書いていきます。
その中で少しでも中盤~終盤にかけての押し引きを感じ取っていただければと思います。

1.前提条件
10.jpg
※対面は五筒:麻雀王国ポンで打一萬:麻雀王国

仕掛けが入ってるのでリクエスト内容の定義と少しずれますが、実戦だとこの程度の場面が多いので今回はこういった牌姿で見ていくことになります。

さて12巡目です。何切りますか?

普通に進めますよね?打牌候補は三萬:麻雀王国七萬:麻雀王国八萬:麻雀王国あたりでしょうか?

『前提条件1:和了にいけそうな手牌は気にせず進める』
根本的な所からいえば無暗にダマを警戒しても損します。
こういう中盤でいらない牌を切ってダマの門前満貫に刺さっても気にしないようにしましょう。
対面の副露に関してもそうです。さすがにドラ切りとか明らかに刺さったら高い牌を打つ場合は吟味が必要ですが、この程度の鳴きにこの瞬間に警戒してもしょうがないです(´ー`*)普通に普通に。

え?ダマの平和のみに刺さった? 知りませんよそんなの(´⌒`)おりてノーテン罰符払っても一緒なので諦めましょう。
え?ダマの3900に刺さった? リーチしてたら満貫じゃん、助かったーということにして切り替えましょう(´・ω・`)
ダマの5200? 相手をほめましょう(´・д・`)
『前提条件2:ダマ聴を読むのは不可能に近い。過剰な警戒は損になることが多い』
そして最後に一番大事な前提条件
『前提条件3:すべては点数状況、残り局数に準ずる』
ここが押し引きの一番の基本ですね。打ってもいい3900点、絶対満貫は打っちゃいけない局、そこの見極めが基本であって、手牌構成の方針、押し引き全て点数、残り局数で変わってきます。

2.押し引き
牌図A
11.jpg
※下家は發:麻雀王国ポン→打四筒:麻雀王国

さて何切りましょう?いちおう三暗刻のイーシャンテンになりました。一萬:麻雀王国2枚切れですが。

先述した前提条件と照らし合わせていきます。
『前提条件1:和了にいけそうな手牌は気にせず進める』
→和了にいけますかね?これ。 ......無理ですよね?良くて聴牌までくらいがいいとこかと思います。
というわけで、普通に進めるわけにはいかなそうです。
『前提条件2:ダマ聴を読むのは不可能に近い。過剰な警戒は損になることが多い』
→さて普通に進めれなそうってことで、危険牌は打たない方針ですが、何打ちましょう?
ここも条件に従って、門前2人のダマ聴を警戒して親の危険牌打つのは違うので、打五筒:麻雀王国にしました。
瞬間的に一番安全そうな牌ですね。

で、そもそも根本的なとことして
『前提条件3:すべては点数状況、残り局数に準ずる』
→東3でいちおう2着目。ラスとは6000点差ほどです。で一番危険そうなのは親。
別に無理してまで和了にむかう場面ではないですよね。

結果↓ 牌図B
12.jpg

補足1:そもそもここだと親が發:麻雀王国ポン→打三筒:麻雀王国ということでかなり聴牌かそれに近い手牌構成と捉えてます。

補足2:仮にここで全員が門前だったら?という仮定の話をすると、牌図Aの場面で自分は打四萬:麻雀王国もしくは打一萬:麻雀王国五筒:麻雀王国あたりが候補になります。
この手牌から東:麻雀王国を打つのは少し損に思えるので、聴牌かせめてそこそこの受け入れがある(聴牌はとれそうな)イーシャンテン程度で打ちたいとこです。


実戦の押し引きだとこんな感じになります(*´ー`*)
和了に遠い・微妙な場面では侵すリスクがリターンに見合うかどうかそこが肝になります。

終盤に無警戒な牌で放銃してしまうというのはそこそこよくみる問題だけど、その牌自体の安全度判断が出来ていないことが原因じゃなくて、そもそもその牌を打つような手牌構成かどうかこちらの問題の方が大きいと思います。自分の手牌を諦めきれなかったり、無理に和了に向かうようなことですね。聴牌もなかなかキツイ、和了はもっと無理、聴牌になるとして、無筋の4と生牌の役牌を打つ必要がある。こんな場面で無理してませんか?


さて文頭に戻ります。
「12巡目を超えても鳴きおよび立直が入っていない状況で
そこで全家に無スジの牌を引いてしまったとき、どのくらいなら押すかご意見を聞きたい」

→回答すると、
1:聴牌もしくは和了が見込めそうなら普通に進める。ダマは無暗に警戒しなくてもいい。
2:もし終盤にかけての守備力や警戒が気になるようであれば、問題点は牌の安全度判断ではなくて手牌構成と比べたときにその牌を打つリスクがリターンに見合っているかどうかという点の判断のことが多い。
3:そもそも門前が多い局面で、無筋の牌の危険度の優劣判断するのはかなり難しい。


まあでもダマ満貫放銃したりするとなんとかなんないものか、いろいろ考えたくなりますよね(´・ω・`)

こんなとこで今回は終了です(´∀`*)
少しざっくりしてしまった感は否めないですが、少しでも参考になればと思います( ・`д・´)

関連記事

【リーグ戦】第2期募集要項 ※参加締切済み

※10/4 更新しました

現状参加者の募集は締め切りましたが、2期終了に合わせて3期の募集も行う予定です。
特に現状、募集要項に変更予定はないので、3期の参加を検討される方は参考にしてください。
※予定通りであれば3期の開始は2~3月、募集は2月くらいから開始です。

受付方法は以下の通りです↓
①この記事にコメントする
②ブログのメールフォームで主催に直接申し込み
③TwitterのDM、リプで直接申込み

①~③いずれの場合でも主催から受付完了しました!と返事しますので、それで受付完了になります。

↓↓詳細になります↓↓
おおまかに概要を記載すると、
・全30半荘の予選→(準決勝)→決勝で優勝者を決める
・対局は天鳳個室で行う
・対局日は日曜日の21:00~(2時間程度)※変更の可能性あり
・参加費無料、若干の上位特典あり
・詳しいルール・システム→第2期ルール・システム

その他注意点は、ブログ内において選手紹介や成績の公開などを行います。
プロフ画像の提供のお願いや、天鳳のプレイヤー名(ブログ記載は変更可能)が必要になります。
具体例↓
選手紹介リンク→第1期リーグ戦 選手紹介
順位表・成績表リンク→第1期順位・成績表
その他なにかあれば、①ブログ左下のメールフォーム、②Twitter(これが最速)
いずれかで問い合わせていただければお答えできます(´∀`*)

それではたくさんの参加お待ちしてます(*´ー`*)

↓↓↓以下ルール・システム詳細↓↓↓
【システム】
・予選:1節2半荘の合計15節30半荘
・準決勝:予選順位1357位(A卓)、2468位(B卓)で準決勝6半荘(3半荘×2日間)を行う ※予選ポイントは持越
※参加者が10名以上の場合に準決勝を設けます。

→※9/18現在10名以上ほぼ確定なので準決勝設けます。
決勝:準決勝A卓上位2名、B卓上位2名で決勝8半荘(4半荘×2日間)を行う ※ポイント持越なし
※参加者が9名以下の場合は予選上位4名で決勝8半荘(4半荘×2日間)を行う ※ポイント持越なし

※着順による副賞 人数に応じて変更予定、MINとしての暫定案です
・優勝:天鳳有効期限6か月分相当、2位:4か月相当、3位:2か月相当、4位~8位:無し
副賞の内容、受け取り方法は個別に変更可能です。
(例)ウェブマネー(チャットのやり取りで送付可)、アマゾンギフト券(メールで送付可)など

※日程、卓組に関して
・毎週日曜日21:00~を基本とする。例外がある場合はその都度連絡する。
・卓組に関しては節終了後に次節の卓組を発表する。初回は当日発表します。
・人数に応じて月に1回程度各自休場日が発生します。
・休場者に関しては事前の希望が可能。例)○日は休みにしてください!など
・卓組のシステム、経過は適宜公開する
・準決勝、決勝は予選終了次週の日曜日21:00~、その後も同じ。

【ルール】
天鳳の個室ルールに準ずる。詳細はリンク先で確認してください
・対局は全て「喰アリ赤(右3)」で行う
・回線落ちなどがあった場合も成績に反映し、特に回線復帰を待つなどは義務としない(止むを得ない事情があった場合はこれに限らない)
・チャットなどによる三味線行為があった場合は、違反者の総合ポイントから50ポイント引き、その半荘はそのまま続行する(内容によってはこれに限らない)
・重大な違反行為(通しなど)があった場合は失格とし、当該半荘は無効とする
・三味線、違反行為の判定や、事情の考慮などは全て主催が行う
・その他不測の事態が起きた場合(天鳳のサーバー落ち、災害や停電など)は基本的には当該半荘を無効とするが、詳細は主催に判断による
・準決勝、決勝で同一ポイントとなった場合予選のポイント上位者から順位を決定する。予選で同一ポイントの場合は平均順位の優劣で決定する。それも同じ場合は以下、ラス率→2位率→放銃率→平均打点で決定する。
【卓組システム】
参加人数が確定し次第公開します
関連記事

【天鳳】八段生活③

8月の鳳南の成績 33-31-28-32 2.47 -435pt

9/1現在 1375/3200pt 昇段まであと1815pt。。。

遠い遠い遠い遠い。。。

月に100戦以上打つようになってからの月ごとの成績↓
月ごと

うーん。この安定しない感。
100戦単位なんて成績の上下があってしかるべきな気もするけどメンタル効率的によくない(´⌒`)
希望があるとすれば安定段位10段を記録してる月は最高到達点は+1500pt程度を記録してるので
幸運に幸運が重なればすぐ昇段することもありうる!
…同じ理屈で不運が少し重なるだけで降段するとも言えますけどね(´・_・`)

とはいえ5月の頃と比べれば、無知ゆえに悩む場面とか自信のない選択とかも減ってきたのでそういう意味では安定もしてきてるし、幸運時に増えるptは増えて不運時に減るptは減ってるはずです(*´ー`*)

話題を変えて何度も話題に出してる役牌の副露基準を実戦譜から見ていきます!
↓↓みなさんは鳴きますか?
副露2

まあ鳴けば聴牌速度はあがるだろうけど、良形率は少し下がりそうな感じです。
以前は鳴くこともありましたが、いまはスルーです。
副露時の速度アップよりも良形リーチで戦いたい場面と判断してます。
両面ターツがどこか重なって雀頭候補ができればもちろん鳴きますよね。

次↓
副露4

いちおう雀頭あって両面もあって鳴けばそこそこ先手とれそうな形。
これも役牌1鳴き病に感染してたときは鳴いてた気もするけど、いまはスルーしてます。
ペン7mや赤5sあたりから鳴くことはあるけど發から鳴いちゃうと守備力が低下しちゃいますよね。
ただ1pが親の安牌なので、ピンズが良形変化したら鳴きます。5p引きリャンカンとかの微妙な変化とかだと悩みどこ。
それでもこの瞬間ならまあ鳴くかなーくらいの基準です。

つぎつぎ↓
副露8

まあこれは鳴きますよね。
25m、東はポン。69m36sはスルー。3mもこの瞬間ならスルー。このへんは普通の基準だと思います。

最後にネタ半分↓
副露8-1

リーチを受けて困りながら回ってたら2件リーチ(´゚д゚`)
上家が少考しての3mツモ切り。
鳴きますか?

結果↓
副露8-2

あがれたw
微妙だけど将来的に8sは打つことになりそう・瞬間的にかなり強い3m待ち・12m副露で守備力がそこまで落ちるとは思えなかった。こんな理屈をこねて鳴いてみましたがどうなんでしょうねw

簡単に牌姿はって副露判断書きましたが、私の場合は実戦だと単純な形の問題以上に点数状況を判断材料としてかなり大きく捉えてます。そこに関しては今回は端折ってますが、要は役牌鳴くことの良し悪しをしっかり把握して大きな判断ミスさえ侵さなければいいと思ってます。
鳳凰卓の強者で意見が分かれるような難しい副露判断はそこまで成績に影響しないのではと考えているので自信をもって天鳳ライフ、役牌副露ライフを送っていきます( `ー´)ノ
関連記事
プロフィール

yu-----u

Author:yu-----u
天鳳ID「yu-----u」
天鳳:九段R2200超えたあたり
鳳南で打ってます
10/13 九段昇段しました!

Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

麻雀難民リーグ 3/6更新!
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
リンク
リンク募集中(´∀`*)
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。