スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【麻雀】読みのススメ 

今回は前回のデジタル的な視点から一転して「読み」のお話です( ^∀^)

ですが僕自身はすごくデジタルな部分と思って「読み」を活用しています。

ではさっそく実戦譜から見ていきます↓
日記用 読みのススメ1

東2局 親番 上家が東をポンしたとこです。
※河の色付きは手出し牌、暗くなっている牌はツモ切りです(念のため)

ここで河から判断可能なこと
・ピンズはほぼ大丈夫、全部通りそう
・萬子はたぶん大丈夫、一萬四萬ちょっと警戒くらいかなー、大丈夫だろうけど
・ソウズやばそう、テンパイか悪くても良形のイーシャンテン

一つ一つ解説します
「ピンズはほぼ大丈夫」
まあ見た目からほぼピンズの受けはなさそうです。あまり問題ないと思います。
いちおう四筒四筒五筒五筒からの仕掛けも考えれますが、それだと二萬三萬を切っている理由がちょっと微妙なのでないでしょう。場況から二萬三萬の方がよさそうなので。じゃあ四筒五筒赤ならどうよ?ってなりますが、天鳳では副露時にターツが同じ場合は自動で赤が優先して選択されるはずなのでこれもありません。

「萬子はたぶん大丈夫、一萬四萬警戒くらいかなー」
・萬子の最大のヒントは二萬三萬の手出しと六萬のツモ切りです。まず二萬三萬の手出し、これで手牌のターツ候補が余っていたことがわかります。そして東のポン。ターツオーバーで仕掛けがきく形(ここでは正確には仕掛けなければいけない形)であれば基本的には未完成ターツの部分は厚く持つはずということです。つまりこの手牌でいえば5順目に二萬三萬五萬六萬六萬とか二萬三萬六萬六萬七萬なら六萬じゃなくて二萬三萬を切るはずっていう話です。
なので萬子は六萬周りは大丈夫そう、唯一二萬二萬三萬三萬から2度受けを嫌った形もあるけど、それなら1枚切れの三萬から切るだろうっていうのと、自分の手牌で二萬三萬四萬と使っていてワンチャンスにあたるから大丈夫そう。

「ソウズやばそう、テンパイか悪くても良形のイーシャンテン」
ここまで読んでもらえればもうお分かりかと思いますが、ソウズがそうとうやばそうです。萬子もピンズも否定されればそりゃそうです(;゚Д゚)しかもリャンメンターツ払ってるので良形っぽいです。そして二萬三萬よりもよさそうなターツはドラ絡みくらしか考えれません。

いったん答え合わせします↓
日記用 読みのススメ2

すごく納得のいく牌姿です。待ちもよさそうな完全イーシャンテンです。

次巡↓
日記用 読みのススメ3

二索が手出しされました(;゚Д゚) 
※ダイヤモンドチーですが鳴きオフ消し忘れで鳴けないっていうぬるぬるなことしてます(つд⊂)


この手出しからわかること
・これはさすがにテンパイでおそらく三索が雀頭かアンコもしくは二索四索六索からの二索切り、あとはレアケースだけどただの空切り
一索は空切りじゃなければ大丈夫、それ以外のソウズは無理どれか刺さる

「これはさすがにテンパイでほぼ三索が雀頭かアンコ」
まあさすがにテンパイ、これはいいでしょう。こんな河でもう1枚手出しされてテンパってなかったらもうその人は無視して打つから関係ありません。
ほぼ三索が雀頭かアンコ、問題はこれです。これの最大のヒントは下家の二索切りです。
手の内に二索があって二索をポンできなかったとなるともう形は二索三索三索二索四索六索くらいしかないです。(二萬三萬を払っているので、二索四索からの五索引きは否定されてドラ使いたかった時の二索四索六索からの二索切りはまあ考えれます)


※ここでヘッドレスからの仕掛けを考慮していないのは序盤のリャンメンチー、リャンメンターツ払いからヘッドレスの仕掛けの場合は手順としておかしいからです。実際牌を並べてみるとわかると思いますが、ヘッドレスの形は想像し難いです。

※以下追記です(・_・;) 

まずここまでで東バックの仕掛けに対してほかの字牌について全く触れていないのは、河に切れている字牌の種類、枚数とやはり二萬三萬切りが関係してきます。
まず河を見てみると西以外はすべて1枚以上切れています。東ポン後の手出しが三萬なので、手牌に二萬三萬よりも優秀なターツがあるはずなわけでそれが字牌であることはほぼないでしょう。
で、ここからが一番大事なとこになりますが、この場況でいえば白中が切れていることがかなり大きいです。字牌に刺さるとすればほぼ間違いなく役牌なので(ダブルバックでなければ残す価値がほぼない)上家の六萬もしくは二萬切りの際に1枚持っていた白中が重なった場合ですが、ここまでケアしてしまうと何も切れなくなってしまうのであまりお勧めしません。
もちろん字牌が1枚も切れていない場合は二萬三萬五萬赤六萬二筒四筒五筒七索八索東東中中からの仕掛けなども考慮しなければいけないので字牌の危険度はかなり変わってきます。





結論
・だいたいソウズのリャンメン待ち、もしかしたらカン五索待ち
・ピンズ、萬子は大丈夫 一萬四萬二索が空切りか五索ツモでスライドの場合危ないくらい。最初の方でも書いたけどあくまでも本命はソウズのリャンメン。

結果↓
日記用 読みのススメ4

ここではドラを引いてやめてますが、基本的にはソウズはほぼ全部打たない感じでした(´∀`*)

以上が今回のテーマの「読み」になります。
副露に関しては入目がわかるケースも多いので読みは結構重要になると思います。
思考の流れを追ってもらえればわかりますが、あくまでも相手が正しい手順で打っていることが前提になるので読みを過信しすぎてもあまりよくないです。
伝えたい部分は手出しやツモ切り、鳴いた牌、鳴かなかった牌など様々なヒントから相手の手牌を想像することができるってことです。基本的には全部これの応用で山読みなんかもする感じです。

牌の画像をいっぱい使ってすごく疲れたので今回はこれでおしまいです(´Д`)

後半部分結構説明省いてるような気もするので何か不明なことがあればコメントにお願いしますm(_ _)m




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ふむふむ。なるほどですね。そこまで想定できるとかすごいです((+_+))
ピンズはまあ大丈夫そうだ、というのはわかります。マンズも言われればなるほどね!と思います。でもソーズは少ない情報でよくここまでわかりますね。それに東バックですし残りの字牌もケアしたいところですが、そのへんはどうなんでしょうか?
下家も1s切り後2sを引っ張ってるのでソーズの下なにか持ってそう、対面も1s切り後は変則手っぽい切り。上家の打2sで聴牌ならほぼソー聴濃厚…まではわかりますが、手牌構成までは読めませんw
実は対面は私のような気もしなくはないのですが…w
実際はご覧のような手牌だったので押し気味で打ちましたが、早々に両面チーからの東ポン、整ってそうなので速い+好形だろうとは思ってましたが、基本は東の捌き手、あってドラか赤含みの3900までだろうと踏んでました。自分が満貫クラスの一向聴か同等クラスの聴牌手ならぶつけてそうです。
私も家で独りぶつぶつ言いながら人の手を読んでみる事をしますが、だいたいこのへんだろう…までで終わりますorz読みは本当に苦手なのでこういうテーマはとても興味があります。

No title

>おためしさん

コメントありがとうございます。

字牌のケアや連続形とかは省いてしまった部分なのであとで追記します(;´Д`)

基本的には門前手をしっかり読むことはあまりしません。精度が高くできないからです。
1s序盤に切っていて中盤に2sが出るのは、124sからの1s切り→24sからの5s引き2s切りとか1224sからの3sか2s切りとかが考えれますけど、ケースが多すぎるのでしっかり考えないです。ただこの2s切り以降に2sや4sの手出しが入ればソウズの下はしっかり読む感じです(´∀`*)

僕の場合はこの上家の手にソウズはテンパイでなければほぼ押さないです。逆に言えばテンパイであればここまで読める状態でも押してもいいと思っているということでもあります('∀`)

こういうあまりまだ多くの人が触れていない部分を中心に書いていこうかなとは思ってます(´▽`)
プロフィール

yu-----u

Author:yu-----u
天鳳ID「yu-----u」
天鳳:九段R2200超えたあたり
鳳南で打ってます
10/13 九段昇段しました!

Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

麻雀難民リーグ 3/6更新!
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
リンク募集中(´∀`*)
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。