スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【麻雀】字牌の扱い

字牌については前々から書こうと思っていたのですが、なかなか構想が思いつかなかったので後回しにしてました。
うまくまとまらない恐れがあるけど、書いていきます(´ー`*)

まずは僕自身の根本となる考え方から
・使いにくい役牌はなるべく早く切る
・孤立牌との比較で切る優先順位は、
場風牌>1・9の孤立牌≧三元牌≧客風牌≧自風牌>その他の孤立牌
になります。ここでも価値が=になってるところが多いですが細かくは状況でかなり変わります。
白發中の切り順は日によって変わってます。その日の気分で重なりやすいと感じてる牌を残しますw

※ちょっと話をそらします。よくダブ東をすぐ切るのはぬるいといったことがありますが、現状ではおそらく損な戦術になっているかと思います。特に天鳳においては顕著です。
よく聞かれるのが、
・相手のキー牌となりうる牌は自分が勝負できるまで打たない、勝負できないのであれば打たない
とかですが、勝負出来るようになった頃にちょうど重なってしまう可能性、いわゆる間に合ってしまう可能性は1巡ごとに高くなってしまうのであまり得策とは思えません。そして勝負できる手牌というのが曖昧なのが個人的に嫌いですwイーシャンテンなの?じゃあ逆にイーシャンテンならそこまで勝負する手かどうか判断できなかったの?勝負できる手なのにリャンシャンテンまで東1枚のせいで受け入れ減ってるはずだけど大丈夫?
とかたくさん疑問が浮かびます。
「聴牌まで切らない。もしくはかなり好形のイーシャンテンまで」これなら少し納得できます。むしろ役牌のドラなら僕も基本的にはこのくらいの基準です。
ですが、麻雀は4人でやるゲームです。もしダブ東の価値を4人全員がそのくらいの価値で打ってるなら有効な戦術かもしれません。が現状はいらない役牌は先に切るという戦術が主流になっているので、それに倣ったほうが得といえます。

話を戻して字牌の切り順について実戦譜から↓
字牌の扱い 南家

これは白發南九筒の順に切ります。

基本的には上の順番に即してしますが、九筒がより遅くなっているのは、手牌にピンズが1枚もないからになります。
もし手牌に三筒とか六筒があれば先に九筒を払うことになります。

次↓
字牌の扱い 北家

東4で下とはそこそこ離れた2着目です。親番はラス目で自分は北家

ここでは西南發中の順に切ります。ツモ次第で間に八筒九索がはさまるかもです。
ここでは最初に書いた順番はほぼ関係なくなってますw
理屈としては
白が1打目に切られているので、發中をトイツで持ってることは少なそう
・じゃあ重なって親流せたらうれしいからちょっと持っておこう
南西の違いは、「南家のほうが早あがりしたい局面」+「南家に鳴かれたほうが親が困る」ので南家が鳴いてくれることを期待して少しだけ南を温存します

最後↓
字牌の扱い オーラス2

オーラス、すごく離れたトップ目、対面と跳満直撃条件かな、北家、3着目の親番。
ちなみにドラは北で親の1打目に打たれました。

これ字牌からは切りません。まあ北合わせてもいいけど、貴重な親の現物なので持っておきます。
おそらくほっておけば終わりますし、ほぼ親に打たなければいいだけなので適当に安全な牌を持ちながらかなり形を決めて進めます。ほぼ進んでない感じでも全然問題ないです。あがる必要ないですから。


まあこんな感じなわけで最初の基準なんて当てになんないです。
かなり状況によって変わってきますが、いちおう全部理屈的にはそんなに外れていないかと思います。
これが正しいってわけではありませんし、人によっては読まれにくいようにあえて順番を決めない人もいるようです。
僕自身はこういう細かいことで100半荘の内の1局うまくいけばいいかなーくらいの気持ちなのでそこまで重要視もしていません(´∀`*)


ちょっと最後に書き忘れを書いておしまいにします。
おそらく最初はなかなか字牌をどんどん切ってしまうことに抵抗を感じる人も多いと思います。実際僕もそうでした。
今も手牌が数牌だらけだとなんか落ち着きませんw
それがいいかどうかは別として、戦術として序盤はぶくぶくに聴牌チャンスを最大に構えて、ある程度形が決まるか、もしくは中盤(8巡目くらいから)以降に安全な牌と入れ替えていくというのが手法としてあるようです。 
そもそもの考え方として序盤にリーチを打たれたとしても、手牌の中から一番当たらなそうな牌を切るのだからそんなに怖がらずにすすめていくっていうことみたいです。

最後はただの紹介みたくなりましたが、いろいろな打ち方を取り入れて引き出しを増やすことはとても大事だと思っているのでいろいろ挑戦しようと思います( ^∀^)

次回は未定ですが、全く麻雀に関係ないこと書くかもしれません(´゚д゚`)



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

序盤の字牌と19の切り順ですか。これはなかなかわからないですね。
和了から遠い話になればなるほどそれが正しい選択だったのかわかりにくいですからね。
レベルの高い人同士でも同じ解答をしないため、どれを取り入れてよいかわかりません。

今の自分は
客風牌>1・9の孤立牌>場風牌>三元牌>自風牌>その他の孤立牌
くらいで打っています。

一番上の画像で言うと、9p→白(撥)→南 二番目の画像だと同じです。7sがドラでなければ南と撥(中)の間に9sが入るくらいです。

まあここを重要視してもしょうがないというのは確かですね。自分なりに順番があれば十分だと思います

No title

なかなかね、何切る問題のように一場面だけを切り取って説明していくっていうのは難しいですね。実際私もかなりあやふやな感覚で切り出していくので、今日はコレだけど明日はコレ切ってる…なんて事になっていても全く違和感を感じませんからねw
私の場合、基本的には第一ツモや他家の切り出しにもよりますが、孤立1.、9牌を優先して切り出して行きます。例えば最初の写真の例示だと、第一打は⑨です。浮いている字牌が全て役牌なので、どれか一種でも重なってくれれば御の字。字牌を全て切り出す前提であれば、⑨→三元牌→南の順になると思います。
2例目は、これも字牌を全て切り出す前提であれば9s→三元牌→南or西の順になると思います。まぁほぼほぼピンフになりにくい形ですが、一応ピンフのヘッドでオタ風は使えるので。
3例目は、東を合わせるか1sを切りだすかで若干迷いそうです。その時の感覚次第ですかね。これも切り出しは東→三元牌→北の順になると思います。ドラですが一応北家で親の現物。同じく捌けそうなら捌きに行きますが基本的には現物コレクターになると思いますw

前にもお話しましたが、基本ベースが門前ピンフ系なので、先に数牌の整理と手組を優先しつつ字牌を処理するケースが私の場合は多いです。字牌を飛び道具として重視するか、守備駒として重視するかでもかなり扱いは変わってくるでしょうけど。

No title

aoaokureyonさん

コメントありがとうございます。
最新のデジタルだと場風牌から打つのがマジョリティみたいですよ(´∀`*)
もちろん自分が親とか南場の南家じゃない時の話ですが。

成績にはあまり反映しにくいと思いますけど、他家の字牌の切り順見てるといろいろわかったりするのでおすすめです。まあ初同卓だとほぼ参考になりませんがw

No title

>おためしさん

コメントありがとうございます。

実際あんまり考えてもしょうがない範囲かなーとは思います。
どんどん先に客風や三元牌を打ち出していくのは、考え方として重なる前に切るってことであってそんなに自分で使うことは想定しないのかなーって感じます(´ー`*)
もちろん大前提として「手牌による」なので一概にはいえませんがw

こういうどうでもよさそうな細かい部分のことは、打ってて暇なときによく考えていたのでちょくちょく文章化しようと思ってます( ^∀^)

プロフィール

yu-----u

Author:yu-----u
天鳳ID「yu-----u」
天鳳:九段R2200超えたあたり
鳳南で打ってます
10/13 九段昇段しました!

Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

麻雀難民リーグ 3/6更新!
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
リンク募集中(´∀`*)
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。