スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【麻雀】差し込みとアシスト

段位戦はなかなかポイントのびません(;´Д`)
あと1回確変引ければいけそうなのでそれまで我慢です( ̄ー ̄)

さて今回は「差し込み」に関してです。
まあ正確には差し込みとアシストに関してになります。
差し込み:他家のロン牌と思われる牌をあえて切ること
アシスト:まだ聴牌していないと思われる他家の手が進むような牌をあえて切ること
と簡単に定義して進めていきます。

文字だけでは頭に入りづらいと思うので今回もさっそく牌姿から↓
差し込み1-1
天鳳段位戦のオーラスの3着目 2着とは遠く離れて、4着とは6900点差です。
トップ目と2着目の差が1500点なので上下で激しい着順争いをしている場面です。

以前書いた点数状況の把握の内容にもありますが、この差し込み・アシストにおいては点数状況の判断が根幹になります。

そのへんを踏まえて画像の場面での私の思考
・他家に6400点までは刺さって大丈夫
・親は何が起きても全力であがりに来る
・配牌はまあそこそこ、ただうまくいってもリーチ必要そうかなー
ここから導き出した答え↓
・きついから他家にアシストしてさっさとあがってもらおう

そんなわけでこんなことに↓
差し込み1-2

まったくアシストできてません(´゚д゚`)
たまにラグ入ってたので期待していろいろ打ってみたけど鳴く気配なし(´・ω・`)

もし普通にうってたら平和のイーシャンテンになってるみたいですがこんなこともあります。

もうちょい進んで↓
差し込み1-3

親と対面の仕掛けが入りました!
親に刺さらないようにかつ対面に刺さりそうな牌を打ちます(; ・`д・´)

※ここで対面の手が満貫になるには条件が結構きついのであまり気にしません。
そもそも対面は打点が要らないこと、ドラが赤も含めて3枚見えていることが大きいです。
具体的には使えるドラの半分以上を持たれているのはほぼ事故といっていいので考慮しません


結果↓
差し込み1結果

とりあえず北バックもあるかもってことで打ちましたが次巡しっかり八筒で差し込むことができました( ´∀`)

以上が今回の内容の「差し込みとアシスト」になります。
細かい場面によってはしないほういいこともありますが、
基本的には先述した事故と思っていいようなケース以外では僕は積極的にアシストも差し込みもします(´ー`*)

次もオーラスのこの場面↓
差し込み2-1

今度は2本場なので2600点までしか放銃できません。
しかし今回も似たようなケースであがりに向かうのはきつい状況なのでアシストにまわります。
差し込みまで面倒見るかはケースバイケースで(;´Д`)

少し進んでこの局の結果↓
差し込み2-2

結局、アシスト気味に差し込みました(´・ω・`)
対面はちょっと3900点あってもおかしくないのでそっちも警戒しながらです。
アシストは機能しなかったけどしっかり3着確保できたのでおkです(´∀`*)
この場面ではドラが九索なので下家の手に五索赤があるかどうかの一点で差し込みが正解か不正解かはっきりしますがこれも僕は打っちゃいます。
もういつ親リーが来てもおかしくなさそうなので打ちました。
結果は正解なので良かったですが、これはしない人も全然不思議じゃないしおかしくもないと思います( ´∀`)

今回の上の2つのケースはまっすぐ進めて先手取れても間違いなく反撃が想定されるケースであることも判断材料としては結構大きいです。
こういうアシスト等をする上で基本的にあがれるのは25%程度であること、11巡目前後で1人はほぼ聴牌していること、アシストに回ることで他家の手を1.5倍程度の加速をすることができるなどを知識として知っておくといいかも知れません。

最後に注意をしておしまいにします(´ー`*)
このへんの分野はまだ正解不正解がはっきりしているものではないです。
なので間違っても他家に過剰にアシストを期待しないようにしましょう(´゚д゚`)
鳳凰卓で打っていてもけっこうする人しない人が分かれます。上家を信じて仕掛けてみたけど、謎ベタオリされるとかも普通にあります(ノД`)・゜・。
僕はそんなときは名前をしっかり覚えて状況によっては大差なさそうな場面なら絶対アシストしないと誓いますw
逆にアシストするべき場面でしてくれる打ち手には逆の立場の時しっかりアシストするようにします( `ー´)ノ

ちょっと愚痴になりましたが、麻雀は点数を競うゲームですが、あえて放銃することで点数に大きくかかわる着順を確定させることも可能なので、必ずしも放銃=悪ではないし状況によってそれを使いこなすことも技術として必要です。

なのでみんな怖がらずにアシストしてください(^^)
こんな綱渡りラス回避の牌譜が簡単に2個も出てくる現状には触れないでください(´;ω;`)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これはなかなか分かっていても出来ない事だと思うんですよねー((+_+))
例示の場面なんかは特にやったほうが良い好例だとは思うんですけど、一歩間違えたら自分から地雷踏みに行くような事にもなりかねないと思うと、どうしても慎重になります。
個人的にあまりでくわす場面でもないので、あまり深く考えた事はないですけど、一応アシストはともかく差し込み程度は考える事はあります。
ひもっちさんも仰る通り、利害関係を自分を含め対象者がどこまで同等の認識を持って一致しているか、というのは大きく作用すると思います。まあだからといって名前まで覚えて「こいつは信用ならねぇ!」とかまでは気にする事はないですがw
まぁラス回避を少しでも上げて行くには必要なテクニックである事には違いないので参考にしようと思いますヽ(^o^)丿

No title

>おためしさん

いつもどうもです( ^∀^)

まあ名前うんぬんは冗談だけど、段位戦では実際にレートや段位以外にも打ち方みて少し戦い方も変えなきゃいけない部分が確実にありますね(;´Д`)
いうまでもないですが、やっぱり九段くらいだと信用できるなーって感じます。

差し込みとかはフリーとかでもやるべき時は多いけど、いろいろ考慮して僕自身もすごくわかりやすくすることは実際少ないです。
そういう意味ではまあ天鳳特有の技術ともいえるけど、差し込みはするしないでガラッと打牌が変わるのでけっこう重要な技術だとも思ってます(´ー`*)
プロフィール

yu-----u

Author:yu-----u
天鳳ID「yu-----u」
天鳳:九段R2200超えたあたり
鳳南で打ってます
10/13 九段昇段しました!

Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

麻雀難民リーグ 3/6更新!
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
リンク募集中(´∀`*)
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。