スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【麻雀】打牌精度を高める

今回は少し短めに打牌精度に関する話です( ´∀`)
天鳳段位戦でいまいち成績が伸びず、安定段位も九段を切ってしまったので新しく始めた試みの話になります。

↓こんな感じで4月の途中から成績を付けて牌譜の見直しをするようにしています。
精度の話1
↓5月
精度2

ミスの定義は概ねミスの種類で本文に書いた定義と一致しています。
現状まだ60戦足らずなのでデータとしての信頼性はないですが、体感的にはかなりいい感じです(´∀`*)
特に5月に入ってからは運がいいのもあるけど、守備の精度がかなり上がったかなと思います。

そもそもこういうことを試みてみたのは、いろいろ麻雀関連で見聞きしてなかなか成績が伸びない場合は打牌基準を見直すことが有効という話を知ったからです。
ちょっと前にだらだら打ち続ければ昇段か降段するでしょなんて書いてましたが、こっちの方が昇段に近そうですw
今回の試みで一番見直せた部分は守備の部分の見極めが甘かったことあたりになります(;´д`)
それ以外にも単純牌理で新しい発見もあったり、読みの技術で不足していると感じる部分があったりとまだまだ強くなる要素はたくさんありました(*´ー`*)

まあ正直時間もかかるし、効率を考えたらどうなんだろうと思うところもあるのでお勧めはしませんが、やっぱり牌譜の添削作業は大事だと再確認しました(; ・`д・´)
そういえば牌譜添削で思い出したけど、基本的に自分は牌譜添削も検討も大好きなので時間の許す限りお付き合いできます(´∀`*)基本的に麻雀好きな人はみんなそうだと思ってますw
以前添削頼むのは迷惑ですか?と聞かれたのを思い出したので書いておきます( ^∀^)

さてタイトル詐欺になりそうなので、ここから少し精度に関する話もします。
いろんなサイトや本の記述から、自分の言葉でまとめたものを書いていきます。

<打牌精度を高めるということ>
→基本的な知識・能力を身につけ、それを遂行する力
※基本的な知識→科学する麻雀、現麻などのデータ、牌効率
※基本的な能力→場況、点数などの局面判断、河、手牌などの読みの技術
つまり、データと状況から判断する精度を高めようってことです。

おそらくデータ通りに打てばだいたい70~80点くらいの打牌ですが、その精度ではなかなか勝てない場合に状況を加味することで80~90点の打牌選択を試みるわけです。
もちろん間違った判断により50点の打牌にもなり得ます。
麻雀でよくいわれる「状況による」の状況を正しく判断しようという試みです。
まあこんなことは結構当たり前で普通は状況を加味するわけですが、このデータ通りで勝てない場合っていうのが大事だと思います。
まだ鳳凰卓で380戦程度ですが、おそらく安定段位九段維持や到達段位十段がデータ通りのみ+精度の高くない「状況による」ではたどり着けない部類だと勝手に感じています。この辺からはかなり制度の高い「状況による」が必要なんじゃないのかという見解です。
※ちなみに鳳凰卓500戦以上で安定段位九段以上は23名しかいませんでした。

ここからは打ち手がどこを目指すのかによるけど、ただ鳳凰卓入りを目指すのであれば、データ通りの打ち方でおそらく達成できると思います。
そのためにすることは確かな知識の蓄積と実行の精度であって、「状況による」臨機応変な対応はそこまで必要ないと思います。今はある程度状況も加味したデータが多くありますから(´∀`*)
逆に鳳凰卓で確かな勝ち組(先述した23名のように)になりたければ、臨機応変な対応がかなり必要になってくるはずです。
自分は言うまでもなく後者を目指しているのでまずは500戦で安定段位九段以上になることとそれを維持することを念頭に消化していこうと思います( ̄ー ̄)

短くといいながら長くなってきたので今回のまとめ

・精度を高める方法は2つ
1.基本の知識・能力を身につける
2.「状況による」の状況の判断能力を身につける
※1のみでもある程度は強くなれる


今回はこんなとこでおしまいです。次回は未定ですが、いまのペースだと今週中に鳳凰卓400戦の成績記録記事になるかと思います(´ー`*)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この牌譜の見直しいいですね。

ミスを減らすって言ってるだけじゃなかなか減らないし、自分の問題点を探すためにも重要だと思います。

自分もミスを減らすことと、状況判断能力の向上を頑張りたいと思います。



まだまだ強くなる要素はいくらでもありますね。


400戦記録楽しみにしてます。

No title

>aoaoさん

コメントどうもです( ´∀`)

>まだまだ強くなる要素はいくらでもありますね
これってすごく大事でいかに自分が弱いかを知るのも麻雀だと難しい作業だと思うんですね。
正直な話、自分はこれ以上そんなに強くなんなくね?みたく感じたことは何度かありました。
でも現状まだ足りない部分があるのもわかってモチベーションがすごくあがってる状態です。
要は謙虚になるってことだと思うけど、客観的に見て上のレベルにいると自覚できるようになるとなかなか難しいです(´・_・`)

No title

1.基本の知識・能力を身につける
2.「状況による」の状況の判断能力を身につける

この2つは全く別の要素に見えるけど、
1で身につけたものを高速で引き出せればそのぶん2の状況を考慮する時間が増えて結果的に2の要素で強くなれる…かもしれないです。

No title

>so-kuさん

コメントありがとうございます。

厳密に言えば知識的なものも「状況」を分類して加味したものであったり、「状況」そのものを知識化することが可能だし、今はそういうデータも豊富になってきてますよね。

仰る通り「1.基本の知識・能力を身につける」を身につければ身につけるほど、適材適所で知識をとりだせるようになればなるほど、頭の余裕も時間の余裕もできてくるので結果的に「2.「状況による」の状況の判断能力を身につける」の判断をする余裕が生まれますね(´∀`*)

天鳳だと時間との戦いもありますが、それ以前に本文中の勝ち組を目指すとなるとやっぱり地頭とかセンスとかなにかしらの向き不向き的な要素が絡むと思ってます(´ー`*)

携帯用のテンプレートがすごーく見やすくなってて助かります。

打牌にブレがないのは重要ですよね。僕なんか、ブレッブレですからw

No title

>ジュニアさん

携帯から見てる人いないと思って放置してました(´Д`)w
何か不備あれば気づきにくいので言ってもらえると助かります( ´∀`)

打牌のブレをなくすためのデータって感じですね。
放銃が悪とか和了が正しいわけではなくて、最善の一手を繰り返すのが結果一番得という考えが僕の根幹です( ^∀^)

No title

本音を言うと牌譜の見直しって実は全く私には不向きなんですよねww
基本的にまったく集中力が持続しない人なんで…wでも検討は好きです。というか、検討スタイルの方が自分には合ってる気がします。
検討にしろ戦術本を読み漁るにしろ、基本的に1人でやる事なんで、行き詰るともうそこで「ま、いいや」ってなっちゃうんですよね。自己解決で丸く収めてなかった事にしてしまえとw
なので、真面目な話、他人から指導を受けるなり指摘を受けて見直したり考えを改めるスタイルの方が飲み込みが早いというか、気付きが多いです。たぶん。
「どっちも結果同じ事じゃん」て言われるだろうけど、なんか違うんですよね。なんかこう、頭に入ってくるイメージというか、脳内での処理の仕方が違う感じですね。
こういう細かい作業を黙々と突き詰めていける集中力が羨ましいです。

No title

>おためしさん

コメントありがとうございます(´∀`*)

もしかしたら自分で気付くかどうかや指摘を素直に受け入れられるかどうかの違いが大きいかもですね( ´∀`)
自分の場合はある程度半荘をこなしていくと、打牌のブレを感じることや「何も悪くないのに負けるわ」っていう瞬間がたくさんあるんですね。前者でいえば問題を定量化すること、後者なら問題を顕在化することが大事でその手法が今回の見直しってわけなんです。
で、文頭の話になると、自分は他人の指摘をそんなに素直に受け入れられないんですねw
性格的な問題ですが、自己解決じゃないと満足できないんです。
コメント中の話でいえば、他人から示されるデータよりも自分で調べて見つけたデータのほうが頭に自然と入るってわけなんですw
こういうとこにも向き不向きがあるみたいでおもしろいですねw
プロフィール

yu-----u

Author:yu-----u
天鳳ID「yu-----u」
天鳳:九段R2200超えたあたり
鳳南で打ってます
10/13 九段昇段しました!

Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

麻雀難民リーグ 3/6更新!
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
リンク募集中(´∀`*)
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。