スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【麻雀】戦略と戦術

始めてから方向性がはっきりしないブログですが、ちょっとある人から「どんなこと考えて麻雀打ってるのか知りたい」と言われたので今回からはそれについて書いていきたいと思います(´∀`*)

まず最初は対局する上で僕が大事にしている部分について書きます。
「戦略と戦術」
戦略:その局、もしくは半荘ですべきこと。変更はほぼしない。
例)天鳳ならラス引かない、フリーならトップ取る、トップ目のオーラスなら絶対振り込まない、親の連荘をさせないなどなど
戦術:上の戦略を実行するためにどういう手牌にするか。実際の打牌選択。1打1打で状況は変わる。
例)何切る、リーチ判断、副露判断

大事にしているのは上の2つの違いです。大雑把にいえば戦略は配牌を取る前、戦術は配牌を取ってからになります。
まずこの2つが曖昧になってしまうと押し引きの部分で致命的なミスが出る可能性が高いです。
リーチに押す必要がないのに押したとかあがりに行く必要があまりないのに守備力を下げて和了に向かうなどですね。
個人的にはこれが把握できていない打ち手は上級者ではないと判断しますね。
上級者同士の対局であればこれはある意味、常識というか共通認識になり、それが対局の醍醐味にもなります。
例えば「あの人は満貫以上欲しい局だから安い手ではあがらないはず」とか、「ここで鳴いたら上家は無理する場面じゃないからきっと牌を絞られるだろううな」とかですね。

いわゆる初心者の方や麻雀強くなりたいという方は僕の経験上、牌効率とか鳴きの判断を重視しがちですがけっこう上のような押し引きの判断がしっかりできていないケースをよくみます。
持論ですが麻雀で一番大事なのは「押し引き」であって牌効率などは一定のレベルまで達すればそこまで重要ではないと思っています。
その大事な「押し引き」をする上で重要なのが「戦略と戦術」の違いと内容をはっきりと認識するというのが今回の話になります( ´∀`)

次回はおそらく天鳳の牌図使いながら、読みか押し引きのことについて書きます。

最後に前回の何切る問題の解答?を書いておしまいです。
<南2局 北家 6巡目 ドラ六索 8000点持ちのラス目>
二萬四萬五萬六萬七萬二筒三筒四筒五筒六筒六筒二索四索六索


Aプロの回答 二萬
私は…、打二萬にします!
マンズに関しては有効牌が三萬四萬五萬六萬七萬八萬と多く、“ダイレクトに三萬を引くケースよりも上に伸びるケースが多い”からです。


Yプロの回答 六筒
・ドラ色であるソーズのリャンカン聴牌は体感よりもアガリづらいため、避けたい
・ネックのソーズは雀頭になっても可
・一番引きやすい一筒四筒七筒の三門形を開いておくのはタイムロスにならない


僕の回答 二索
・ドラは絶対使い切りたい、順目もそろそろ中盤なのでイーシャンテンには取る
・萬子はヘッドに潰れてもいいのでまだ手はつけたくない



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

戦略と戦術ですか。
ちょっと大雑把すぎて何も言えないです。

確かにやたら難しい牌効率を先に勉強しても大して聴牌スピードは大して変わらないですけどね。(経験談)。
せいぜい序盤に切った1・9牌でのフリテンがわずかばかり減るくらいです。

No title

>so-kuさん

コメントありがとうございます。
牌効率はある程度できるようになるまでは必須なのは間違いないのでその辺を履き違えないで勉強できればいいんですけどね(´∀`*)

No title

上級者にとってもとても抽象的、明確な正解は導き出せないテーマだと思うんですよね。
対局者間同士の思惑、仰る「戦術と戦略」がある程度リンクしないと成立しない一面もあると思うんですよね。勿論上級者、上級者同士の対戦ほど、その判断の精度は高くなるんでしょうけど。
まだまだ私程度の雀力では、どうしても独り善がりな麻雀を打ちがちなので、そのへんの精度も徐々に上げていければいいなぁ…と思います。

何切る?ですが、私は打⑥派です。

No title

>おためしさん

コメントありがとうございます。
おっしゃるとおりです。局内での細かい判断などは特に打ち手によってわかれます。
基本的には「手牌による」というのが判断の第一基準になるので、ここではどちらかというと点数状況と対局のシステムによって明らかになる押し引きが存在しますということが書きたかったです(´Д`)
上記の内容でももちろん判断のズレは生じますが、ほぼ損になる場面などでも前に出てしまうケースが初心者のうちは見られがちなので書いた次第です。説明不足ですね、すみません(;´Д`)

打⑥は正直マジョリティかなーと思っていたのですが、AプロはYプロの打⑥という回答に「あいかわらず変わってる~」とコメントしてるのが印象的です。

No title

押し引きが麻雀において最も大事であるというのは、とても共感です。

押し引きは極めるのはかなり難しいこと、現状ではまず無理なことであり、同時にいくら学んでも、まだまだ学び続けることがいくらでもある分野ですからね。
対して牌効率も極めることも難しいのは確かですが、一定のラインを越えると差がつきにくいというのもその通りだと思います。

自分なりに理由としては、たぶん牌効率は何が正解か比較的わかりやすいですが、押し引きに関しては相手の手を警戒したり、データ集めたりして初めてわかるものであり、大勢の人が共通の認識をなかなか持ちにくいということがあると思います。みんなの考えがばらつくために、差がつく可能性の高い分野なのでしょう。

No title

>aoaokureyonさん

コメントありがとうございます。

そうですね、押し引きは現状ではデータ不足の感が否めませんね。
ミスが顕在化しにくいのが麻雀なので正解が出づらいし、正解が分かれる分ほかの意見を受け入れづらい押し引きの部分がないがしろにされてしまうのかなーなんて思います(´∀`*)
プロフィール

yu-----u

Author:yu-----u
天鳳ID「yu-----u」
天鳳:九段R2200超えたあたり
鳳南で打ってます
10/13 九段昇段しました!

Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

麻雀難民リーグ 3/6更新!
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
リンク募集中(´∀`*)
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。