スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【麻雀】中盤から終盤にかけての他家警戒と押し引き

久々の戦術論です(*´ー`*)

今回はリクエストしていただいた内容になります(´∀`*)
書く内容に困ったり、何が言いたいのかわからなくなることも多いんですが、内容をリクエストしていただけるのは本当に嬉しいし光栄なことです。頑張って充実した内容にしていきます( ・`д・´)

今回のテーマは「中盤から終盤にかけての他家警戒と押し引き」になります。
元々リクエストしていただいた内容は
「12巡目を超えても鳴きおよび立直が入っていない状況で
そこで全家に無スジの牌を引いてしまったとき、どのくらいなら押すかご意見を聞きたい」

といったものでした。
シンプルに答えてしまえば、「状況による」といえてもしまうし、「聴牌ならだいたい押していいし、リーチしましょう」とも「リーチや副露もないのであれば他家を気にしてもしょうがない」といろいろ答えれるかとは思います。

それではあまり面白くないので少し内容を噛み砕いて、具体的にどの程度なら押すのか、降りるのか、そもそもどういった思考をしているのか、判断材料はどの程度あるのか、そういった判断要素をまとめながら書いていきます。
その中で少しでも中盤~終盤にかけての押し引きを感じ取っていただければと思います。

1.前提条件
10.jpg
※対面は五筒:麻雀王国ポンで打一萬:麻雀王国

仕掛けが入ってるのでリクエスト内容の定義と少しずれますが、実戦だとこの程度の場面が多いので今回はこういった牌姿で見ていくことになります。

さて12巡目です。何切りますか?

普通に進めますよね?打牌候補は三萬:麻雀王国七萬:麻雀王国八萬:麻雀王国あたりでしょうか?

『前提条件1:和了にいけそうな手牌は気にせず進める』
根本的な所からいえば無暗にダマを警戒しても損します。
こういう中盤でいらない牌を切ってダマの門前満貫に刺さっても気にしないようにしましょう。
対面の副露に関してもそうです。さすがにドラ切りとか明らかに刺さったら高い牌を打つ場合は吟味が必要ですが、この程度の鳴きにこの瞬間に警戒してもしょうがないです(´ー`*)普通に普通に。

え?ダマの平和のみに刺さった? 知りませんよそんなの(´⌒`)おりてノーテン罰符払っても一緒なので諦めましょう。
え?ダマの3900に刺さった? リーチしてたら満貫じゃん、助かったーということにして切り替えましょう(´・ω・`)
ダマの5200? 相手をほめましょう(´・д・`)
『前提条件2:ダマ聴を読むのは不可能に近い。過剰な警戒は損になることが多い』
そして最後に一番大事な前提条件
『前提条件3:すべては点数状況、残り局数に準ずる』
ここが押し引きの一番の基本ですね。打ってもいい3900点、絶対満貫は打っちゃいけない局、そこの見極めが基本であって、手牌構成の方針、押し引き全て点数、残り局数で変わってきます。

2.押し引き
牌図A
11.jpg
※下家は發:麻雀王国ポン→打四筒:麻雀王国

さて何切りましょう?いちおう三暗刻のイーシャンテンになりました。一萬:麻雀王国2枚切れですが。

先述した前提条件と照らし合わせていきます。
『前提条件1:和了にいけそうな手牌は気にせず進める』
→和了にいけますかね?これ。 ......無理ですよね?良くて聴牌までくらいがいいとこかと思います。
というわけで、普通に進めるわけにはいかなそうです。
『前提条件2:ダマ聴を読むのは不可能に近い。過剰な警戒は損になることが多い』
→さて普通に進めれなそうってことで、危険牌は打たない方針ですが、何打ちましょう?
ここも条件に従って、門前2人のダマ聴を警戒して親の危険牌打つのは違うので、打五筒:麻雀王国にしました。
瞬間的に一番安全そうな牌ですね。

で、そもそも根本的なとことして
『前提条件3:すべては点数状況、残り局数に準ずる』
→東3でいちおう2着目。ラスとは6000点差ほどです。で一番危険そうなのは親。
別に無理してまで和了にむかう場面ではないですよね。

結果↓ 牌図B
12.jpg

補足1:そもそもここだと親が發:麻雀王国ポン→打三筒:麻雀王国ということでかなり聴牌かそれに近い手牌構成と捉えてます。

補足2:仮にここで全員が門前だったら?という仮定の話をすると、牌図Aの場面で自分は打四萬:麻雀王国もしくは打一萬:麻雀王国五筒:麻雀王国あたりが候補になります。
この手牌から東:麻雀王国を打つのは少し損に思えるので、聴牌かせめてそこそこの受け入れがある(聴牌はとれそうな)イーシャンテン程度で打ちたいとこです。


実戦の押し引きだとこんな感じになります(*´ー`*)
和了に遠い・微妙な場面では侵すリスクがリターンに見合うかどうかそこが肝になります。

終盤に無警戒な牌で放銃してしまうというのはそこそこよくみる問題だけど、その牌自体の安全度判断が出来ていないことが原因じゃなくて、そもそもその牌を打つような手牌構成かどうかこちらの問題の方が大きいと思います。自分の手牌を諦めきれなかったり、無理に和了に向かうようなことですね。聴牌もなかなかキツイ、和了はもっと無理、聴牌になるとして、無筋の4と生牌の役牌を打つ必要がある。こんな場面で無理してませんか?


さて文頭に戻ります。
「12巡目を超えても鳴きおよび立直が入っていない状況で
そこで全家に無スジの牌を引いてしまったとき、どのくらいなら押すかご意見を聞きたい」

→回答すると、
1:聴牌もしくは和了が見込めそうなら普通に進める。ダマは無暗に警戒しなくてもいい。
2:もし終盤にかけての守備力や警戒が気になるようであれば、問題点は牌の安全度判断ではなくて手牌構成と比べたときにその牌を打つリスクがリターンに見合っているかどうかという点の判断のことが多い。
3:そもそも門前が多い局面で、無筋の牌の危険度の優劣判断するのはかなり難しい。


まあでもダマ満貫放銃したりするとなんとかなんないものか、いろいろ考えたくなりますよね(´・ω・`)

こんなとこで今回は終了です(´∀`*)
少しざっくりしてしまった感は否めないですが、少しでも参考になればと思います( ・`д・´)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とあるです、掲載ありがとうございます。放銃したとき無警戒だったか?と思いいただきました。
・打つ牌の危険度よりも、その牌を打つような手牌構成になっているかどうか、それが重要
自分の手牌がどのくらいの価値かよく考ること。これを課題+引出しにして打ってみようと思います。

No title

> とある77さん

コメントどうもです(´∀`*)

特殊な条件下(染め手とか)以外だと、無筋の数牌の安全度の優劣を明確に判断するなんて不可能だと思うので、「この手」なら「このくらい」は押すって感じであやふやな基準で打ってることが多いなーとは思います。「このくらい」の精度を上げていく方法は実戦以外にも本とかサイトとかいろいろあるので、その辺を参考にしてもいいかもです(´ー`)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

yu-----u

Author:yu-----u
天鳳ID「yu-----u」
天鳳:九段R2200超えたあたり
鳳南で打ってます
10/13 九段昇段しました!

Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

麻雀難民リーグ 3/6更新!
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
リンク募集中(´∀`*)
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。